石橋を叩いても渡らないかも?: エンターティメント

2007年01月29日

小さな中国のお針子

33.gifYhoo動画でタイトルに惹かれて「小さな中国のお針子」を見ました。原作・監督・キャスティングも中国人、言葉も中国語なのですが、実は2002年のフランス映画です。ラストのクレジットがフランス語で何分も続くのが印象的でした。(Gyaoでもやっています)

1970年当時、中国文化大革命の粛清の嵐に巻き込まれていく、二人の青年のつらくもほろ苦い青春の思い出を、山深い寒村に住むひとりの美少女を中心に描かれた映画です。

メインキャストの若者たちが、当時のわたしとダブるストーリーだったので、さまざまなことが思いだされる感慨深い映画でした。そういう意味ではわたしにとってリアリティのある筋書きの展開は当時の中国の一端を冷静に描写しており、あとでフランス制作だと知って納得出来ました。(現社会主義の中国では作れないでしょう)

視聴レビューを見てみると、世代によって受け止め方が違うのも、当時のことを事後の歴史としてしか知らない世代の人たちには無理もないと思いました。

いま中国が空前の経済成長を成し遂げていますが、そこまでの過程は、まさに日本が何十年か前に歩んできた道をたどっているに過ぎません。耐えられない貧しさから脱出したい国家は、紆余曲折ながらも経済成長を目指しますが、それが果たしてよかったのかどうかは、後に生きる人のみ知ることです。

舞台が社会主義中国の寒村という設定や、登場してくる人々の素朴さのレベルの差こそあれ、彼らの心理や、ささやかな価値観は高度成長とともに人の心も生活も、急激に変わってしまった過去の日本にも通じるところです。

でも、山道を徒歩で何時間もかようような昔の生活に戻りたいとは、いまさら誰も思わないでしょう。

文明の進歩によって得られる新しい文化と生活。

それと引き替えに失って行くものは、
美しい山河。
原始的ながらも生きていくためだった人々の知恵。
素朴な自然への崇拝。

前に進むしかない時の流れは、わたしたちに何を与えてくれるのでしょうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(3) | エンターティメント

2006年10月06日

映画「クロエ Chloe」を見て

二日、立て続けに、Yahooで映画見た。

いつも仕事が忙しくて本も読めない、映画も見にいけない。疲れ果ててPCの前で、うたた寝をしていたらかすかに耳の奥に人の話し声がする。ようやく眠い目をこすりながら顔を上げると目の前のディスプレイに映像が映っていた。

半分、寝ぼけ状態であっちこっち検索するうちに偶然というか、無意識でクリックしたみたい。なぜ、それがYahooの動画なのか記憶にない。でも画面の中では映画やってる。それもずいぶん時間経過している。なんてタイトルかもわからない。

いかんいかん。ちゃんと目を覚まさなきゃあ。座り直してその映像のスタート地点にポイントを戻してリプレイ。

293764_1.gifタイトルは「クロエ Chloe」。(2001年作品)
キャスティングは長瀬正敏さんと、ともさかりえさん。他。日ごろテレビ見ないから、どこかで見たことのあるタレントさんというぐらいしか予備知識がない。出だしが岸田今日子の意味不明のセリフから始まって、ずるずると引き込まれてしまった。

都会近郊に住む若者の生活。現実描写のシナリオにプラス仮想の世界。
三十年前のわたしの歩んできた日々。
わたしにとって過去の記憶を呼び起こさせるようなタイムマシンの世界。

出てくるバイプレイヤーたちの役が、すべてわたしの周りにいた連中とそっくり。
ストーリーはラストシーンに向かって悲壮な現実へと流されていく。
あのころのわたしの大勢の友人たちもラストシーンは。

会ってみたい気もする。
でも会って、メルヘンチックな思い出が、いまはジジババの再会だったりしたら興醒めしてしまう。

思い出は胸の奥に秘めているから美しい。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

2006年07月24日

独断と偏見のわたしの日曜日

taigadorama.gifわたしは大河ドラマは見ません。
その理由は、すべてとはいいませんが、取り上げられた時代々々の権力者を美化した闘争ドラマだからです。歴史をつくった先人の行跡を否定はしませんが、それを有難がってなにか教訓ドラマでも見るかのように、茶の間のテレビの前に座っている人たちをみると自分とは違う異質なものを感じます。

おそらく見てらっしゃるみなさんも、史実よりも脚本家の描く人間ドラマの部分に感銘して毎週見続けているのでしょう。

映像の怖さはここにあります。
歴史ドラマという過去のベールで覆われたリアリティーのない時代が舞台ですから、それを娯楽ドラマとして鑑賞することに誰も抵抗はないのは当たり前ですが、だからといってすべてフィクションでしょうか。大河ドラマと銘うっているのは、過去に実在した歴史上の人物をあつかうドラマだから付けられるネーミングでもあり、いわば視聴者にノンフィクションに近い印象を与えるためのものではないでしょうか。

なにもそこまで難しくいうことではないかと反論が来そうですが、もし、これが最近まで映画で放映されていた「男たちのヤマト」だったらどうでしょう。60年前の昔のこととはいえNHKも大河ドラマにする勇気はないでしょう。

ドラマだから、脚本家が書いたフィクションだから、娯楽だからで押し切れますか。無理でしょう。それは戦争体験者がまだ大勢生きているからです。
映画は見る人に選択権があります。嫌なら足を運ばなければよいのです。
テレビは一見、選択権があるように見えますが映画と違って、本人の意志と関係なく垂れ流される効果(裏返して言えば危険性)もあります。

わたしが大河ドラマが嫌いなのは、そこに人(庶民)の温もりが感じられないからです。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

2006年05月28日

「ライムライト」

raimlight.gif久し振りにインターネットオークションでDVDを買った。
昔の名作が好きで、たまたまYahooの動画でチャップリンの「ライムライト」をやっていたので観た。感激した。
子供の頃から映画が好きで近所の映画館へ十円玉数枚握りしめて、学校の放課後観に行っていた。和洋どちらの映画も観たが、進駐軍(駐留軍)の街という影響もあってか、洋画のほうをよく観たと思う。

チャップリンの映画は子供のわたしでも、あのドタバタが面白くて、欠かさず観に行ったのに何故か「ライムライト」だけは観ていなかった。製作から五十年以上経ってインターネットで観るなんて思わなかったけれど、この歳になって観る機会を得たことは返って良かったかも知れない。主演のチャップリンに近い年齢になって観る今の自分のほうが自然に共鳴出来るからだ。

(チャーリー・チャップリン)
波乱の二十世紀を不遇な生い立ちながら、映画という当時の真新しいメディアの水を得て才能を発揮するも、あまりにも奇才過ぎる製作活動が当時のアメリカを吹き荒れた「赤狩り」の網ににかかり、その年公開予定だった映画「ライムライト」とともに国外追放となる。それから実に二十年の後に名誉回復の証として招かれ、アカデミー賞受賞作品としてアメリカ国内で上映された。
(作品説明)
往年は名を馳せた事もある老芸人が、同じアパートに住む無名の若い踊り子の自殺未遂に遭遇し、彼女に生きる希望を人生の先輩として教え、励ましてやるが、それは彼自身が再起にかける自分への励ましの言葉でもあり、そして最後の舞台に全てをかけていく結末にチャップリン(62歳)の思いがわかるような気がして泣いた。(わたしは泣き虫なのです)

さっそくネットオークションに出てないかと検索したら、驚き!新品未開封、希望落札価格420円って出てるじゃないですか。即買いました。
次の日、夕方のニュースを見てたら「ローマの休日」のDVDの著作権をめぐってパナマウント映画が日本のDVD販売会社を訴えていました。50年で著作権の時効なのだが最近改正で延長になったことで、そのハザマにかかる作品はビミョーな立場らしいのだが、わたしにはよく分かりません。ともかく著作権切れでオークション落札価格が安かったことだけはよく分かりましたけど。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(2) | エンターティメント

2006年02月19日

懐かしの名画を観て

kasabranka.gif週末にブログサーバーが停止、緊急メンテナンスに入るとのことで手持ちぶたさに他のポータルサイトで動画観てました。

韓国ドラマも食傷気味なので、懐かしの名画「哀愁」と「カサブランカ」を観たのですが、二つともいつ観たのか思い出せないほど以前なので、改めて新鮮な思いで観賞しました。

「哀愁」のビビアンリーはわたしの一番お気に入りの女優だったのですが、今の自分が変わってしまったのか初めて観たときの、衝撃に近いあの感激はありませんでした。ただストーリーは今でも覚えていますから途中で、いたたまれなくて終わりまで観れませんでした。
たぶん初めて観たとき、悲恋に終わるストーリーが彼女の美しさを何倍にも増幅させたのだと思います。

反対に「カサブランカ」は名声が先行して、当時紅顔の美少年だった?幼いわたしにはその良さがまだ理解できなかったように思います。今のわたしにはいい映画だった。

いまの自分が一番欲しいものはゆっくり映画を観る時間かな?


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | エンターティメント

2006年01月28日

韓国ドラマ

kankokudorama.gifたまにインターネットで韓国ドラマみています。
いい意味でも悪い意味でも日本とそっくりだなあと思います。
お互い儒教の影響で社会秩序か形成されていった背景があるだけに、ものの考え方、家族のありかた、そして同じモンゴリアンということもあって、日本語に吹き替えたら日本映画(ドラマ)と間違えてしまうぐらいよく似ています。

近年まで政治的な意図で文化(映画、娯楽など)交流の規制(韓国側の)があって、隣の家庭(韓国)を覗くこともなかったのですが、ここへ来て改めて身近な国だと感じました。

ドラマの感想
ドラマのストーリーの展開がビミョーに古典的で、街の背景やキャストのファッションは日本と変わらないぐらいなのに、なぜか観ててなつかしく思えるのはそのせいかもしれません。おまけに男優は美形、今風にいうとイケメンで、日本映画華やかかり頃のスターの顔立ちです。熟年層のオバサマにウケるはずです。
ヒロイン、もしくはヒーローが恵まれない生い立ちで孤児院育ちという設定が多いのも、昔の日本の少女マンガによくありました。
そして教会、牧師、十字架、やたらでてきますが、韓国がキリスト教の普及率の高い国だからでしょう。でも、なじめないのはキャストの役名がマイケルだとか、アンドレアとか、モンゴリアンの顔しててよくあんな名前つけるよなあと、半分吹き出しながらてみています。やたら携帯電話をかけるシーンが出てきます。これも日本以上にIT化が普及していることの表れでしょう。そしてメインキャストはやたら留学とか、海外赴任とか、そういう設定が目につきます。

ドラマの端々に庶民のあこがれや願望がひめられています(娯楽ドラマは)。
これがすべての韓国の実情だとはおもいませんし、むしろなぜか焦りすら感じます。

できれば観光でなく、ナマの韓国を見に行きたいと思いました。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

2006年01月13日

再再度、宝くじのための方位占い

ジャンボ宝くじと方位占いの記事が結構、反響があったので嬉しくなって原稿ネタに苦慮している私は性懲りもなく、また同じネタで再度挑戦を試みようと思っています。

たかが二回当たっただけで(それも二回目は元を回収しただけなのに)もう占い信奉者になりつつある。
我ながらこの単純な性格だと苦笑してしまう。

でももう一度挑戦して当ててみたい。できる事ならもっと高額を。
もしこの試みが成功したら、そのときは間違いなく占い信奉者だろう。

世間ではテレビなどで、○木○子の占い番組が高視聴率をかせぎ、また人々は日常の挨拶代わりに会話の中で血液型で他人の性格を語ってしまう(人のタイプが四タイプでわりきれるのかよー)。

若いころは自他ともに認めるリアリスト。目の前に見える現実しか信じなかった(また、そういう職業だった)。

でも、人間は何か心に秘めるものがあっても顔は平静を装い、口から出てくる言葉だけではすべての事実を語らない。それが自分とって、すごく欺瞞に思えて若いころはよく怒った。またとことん問い詰めもした。

でも、こんな私でも人生の年輪を重ねていくとともにすべてが受け入れられる齢になった。じっくりと耳をかたむけ、物事を見つめつづける事が自然になった。

話は本題からそれてしまいましたが、また宝くじ抽選結果をこのブログで報告しますからよろしく。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

2006年01月05日

わたしの年末ジャンボ宝くじの抽選発表

mato-1.gif正月も明けて4日の朝、チョロと帰ってまた勤務。今日(5日)になって、やっとお約束の年末ジャンボ宝くじの当選発表を見ました。

わざわざ方位占いまでして、買った宝くじがはたしてあたっているかどうか?

ジャーン!

結果は10枚中、5等3千円が1枚、6等3百円が1枚あり。投資金額3千円に対し、払い戻し金額3千3百円、3百円のプラス。

はたして、これは占いの効果があったといえるのかどうか、ビミョーな結果となりました。

もっとも、社内でグループ買いした連中は、160枚(4万8千円)買って、6等のみの払い戻しだったから4万3千2百円の赤字。

(グループ買いの)みんなを代表して買いにいった事務員さんに、あなたの運気は12月7日で切れるからそれまでに買いに行くようアドバイスしたのに、人の言葉を信用していなかったのか、8日になって購入したとのこと。

もっとも、こちらの言葉を信じて7日までに購入して当たらなかったら何を言われるかわからないからこれで良かったのかもしれない。
と言う結果報告でした。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | エンターティメント

2005年12月04日

方位占いとジャンボ宝くじ

ジャンボ宝くじを買いに方位学?のホームページで調べておいた、自分にとっての(きち)方向へと、今朝早く車で出かけました。
12月7日までは、自宅から西の方角がもっとも強運かわいいだと出ていたので、20キロ離れた隣の町に向かってひたすら走り、町に入って最寄のサービスエリアに車を止めて2時間ほど仮眠、それから宝くじ売り場が開く時間を見はからって、一番にゲットしてきました。takarakuji.gif
年末ジャンボ宝くじの1等の当選確率は1000万分の1。おそらく一生涯で、自分が乗った飛行機が墜落する確立よりも低いのです。でも、買わなきゃ当たらないしーーー。
毎年、暮れの恒例の行事のように買いつづけてきましたが、いっこうに当たりません。
いつのまにか買わなくなっていったのですが、社会人になって10年余りたった頃、ふと思いついて、どの方角がよいかと占ってはみましたが、頭の片隅にとどめておくだけで、わざわざは買いにいきませんでした。

そんなある日、商用で町外れの港まで出かけた帰り道、進行方向の前方にひなびた小さなタバコ屋がポツンとあり、よく見ると宝くじ発売中のノボリが立っているのです。それも占いどおりの場所に。
どうせ当たらないだろうと思ったのですが、とりあえずバラで十枚だけ買って帰ることにしました。
年が明けて、元旦のブ厚い朝刊の宝くじ当選番号発表の欄を1等から順番に見てたら、ハズレ、ハズレーーー。

ところが4等1万円と、5等3千円と、6等3百円(10枚買えば誰でも当たる)各1枚づつ当たっている。
いままで、6等しか当たったことのなかったのにビックリわーい(嬉しい顔)
でもそれが最初で最後でした。

今年はひさしぶりに買ってみようと、そういえば当たったあの年は占ったのが良かったのかなー。(翌年からは、行き当たりばったりで買ってたし、何も占わなかったなあー。)
今年はまじめに一生懸命、占いました。

もし、また当たったら(たとえ小額でも)このブログで結果報告します。
こうご期待。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

2005年11月29日

インターネットオークション

carp.gifインターネットオークションが好きです。
取引回数は、へビーユーザーほどではないけれど、とにかく好きです。

最初の頃は落札者側(購入者側)ばかりっだったのですが、だんだん慣れてくると自分も出品してみたくなり、何かないかと家中を探し回り、出しても恥ずかしくないなと、もし落札してもらったら喜んでもらえるなと、思うものを出品します。
自分が落札者側のときには気づかなかったのですが、出品するってことは、数倍気疲れします。
できるだけ、こギレイに、汚れがあったら掃除をして包装もケチらないで宅配便の新しいパッケージで送ります。それで、お礼のメールが来るとほっとします。(その間がすごく長く感じられて、落札するほうが、よっぽど楽です)遠方の方に落札して頂くと、結構送料や梱包費がかさみ、あまり儲からないこともあります(大抵の場合は送料、落札者負担なのですが)。

今回は、某地元球団(プロ野球)のユニホーム(レプリカ)を出品ました。
途中経過では、やはり地元の熱心なファンの方が先行したのですが、出来ることならよその地の人に落札してもらいたくて、思いきって送料もこちらの負担にしました。(地元の人は球場へ行けばいつでも買えるのですから)

その甲斐あって、東京のひとが落札しました。

遠い地にあって地元球団を応援してくれる人がいると思うと、とてもうれしいです。でも今から荷造りをして気に入ってもらえるかどうか、届いたと連絡があるまで、また新しい気苦労が始まります

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターティメント

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。