石橋を叩いても渡らないかも?: 教育

2006年10月25日

追い詰められていく教育現場

意図的に世論を誘導するマスコミも怖いけど、事実の側面しか見ない報道も視聴者に誤った印象を与えてしまう。ドラマでいえば勧善懲悪ドラマ。悪人を懲らしめて、めでたしめでたしというところか。

エキサイトしている世論の中で異をとなえる(伝える)ことは、極右ブログに反論コメントを送るよりも怖い。だから、同調もしないがただ伝えるだけ。やじ馬といっしょになって。いや、やじ馬の先頭に立って。いつのころからか、マスコミはそんな烏合の衆に成り下がった。

印象に残っているのは三浦和義逮捕報道、豊田商事取材報道(結果的には殺人現場取材報道になってしまった)。目の前で、華々しく始まるであろうドラマをカメラはじっと待っている。そんなスタイルが恒常化し、きょうもどこかでドラマは始まる。血が騒ぐ。緊張と怒号の中で他者を押し退け、1ミリでも前に出ようと烏合はひしめき合う。ていうところがわたし自身体感した感想です。(上の事件は関係ありませんよ)


福岡県の児童いじめ苦自殺事件。いまや世論は当時の担当教師と学校の袋だたきの真っ最中です。もちろんマスコミもその尻馬に乗って。いや、マスコミが先頭を走っているのかな。事実を事実として伝えることに何の疑問もないし、亡くなられた子どもさんのご両親の悲しみを考えれば、それははかりしれないものがあるでしょう。

二転三転する学校側の発表報道に世論はエキサイトする。大きな傷跡を残しながら。でも、ちょっと冷静になって今回のことを受け止めましょう。その判断に過激なマスコミは無用です。いま、いちばん必要なことは、起こした当事者探しよりも、そこに流れる根深い教育現場の歪みではないでしょうか。

わたしは仕事の関係で十年余、部外者の立場で教育現場に関わってきました。世間でいうダメ教師のいることも事実です。でも非難が教師一点に集中することをとても危惧するのです。木を見て森を見ず。いま教育現場は勇気ある心暖かい教師の育たない環境になっています。求められるのは、ゆとりある教育ではなくてゆとりある教師です。時間的にも精神的にも。

いまや、管理されているのは子どもたちではなくて、管理するべき立場の教師が管理されているのです。以前にも書きましたが部外者の目からみれば、いっけん穏やかな教育現場も管理、管理、管理・・・。本当に志ある意欲的な教師が育たない場と化しています。マニュアルに始まってマニュアルに終わる。教師自身の独創性と創意は発揮される機会を失っています。なぜ情けない教師が増えているのか、なぜそのような教師が今ごろになって取りざたされるのか、みなさんはもう一度、自分のこととして教育現場のあり方を考えてみる必要があると思います。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(5) | 教育

2006年07月25日

学校写真(修学旅行・萩)

hagi.gif今回、学校シリーズで修学旅行を取り上げたのは別の理由があるのですが、それは読まれていくうちに追々わかることと思います。

十年余りかかわった学校写真のもっとも多く時間を費やし、記憶にも残っているのは修学旅行です。
小学校の場合は隣県の山口県萩市を中心に下関まで移動する行程なのですが、中学、高校になると九州もしくは関西、東京まで出かけました。のべ添乗回数は百数十回以上です。

シーズンになると夕方の新幹線で帰広し、翌朝は次の学校とともに即出発という超ハードスケジュールでした。しかも行く先は、昨日まで滞在していた町ですから、現地のホテルのおかみさんに「帰らないで次の学校が来るまで、ここ(ホテル)で待っていたら」とよくからかわれました。

小学校は生徒の体力などのこともあって一泊二日の小旅行なのですが90パーセント以上が山口県萩市です。
萩の町は幕末の尊皇攘夷の志、発祥の地であり、後の明治政府の要人を輩出したところでもありますから、町の人のプライドは高いのです。でも毎年ように訪れるわたしには、地元のガイドさんが胸を張って誇らしげに口上を述べる姿を見る度に、なぜかいつも違和感を感じていたのです。

最近、ネットサーフしていてあるサイトにたどり着きました。残念ながらそのサイトの主宰者は先月、ブログ閉鎖を宣言されたばかりでした。でもまだ記事はアップされていて、それを読んだとき自分が持ち続けていた、あのときの違和感はこれではなかったのだろうかと思いました。カテゴリーは歴史ー近現代2 歴史ー近現代1
書かれている記事は、すでに数ヶ月前のものですが、偶然にも最近の靖国参拝や天皇にまつわる事など、靖国の由来も書かれていて興味深いです。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」
おなじ同胞でも、祭られていない日本人たちがいるなんて知らなかった(官軍に刃向かえば賊軍で靖国に入れないんだよ。A級戦犯でも入れるのに)。歴史は為政者にとって都合のよいように美化され、そして大河ドラマになります。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2006年07月11日

学校写真(野外活動)その2

前回のつづきです。
日もとっぷりと暮れ、暗闇の山道をヘッドライトの明かりをたよりに登り詰めていくと、突然人工照明に照らされた緑の広場が目の前に開け、静かな山中にもかかわらず、この空間に人のざわめきが聞こえて、キャンプ場にたどり着いたことを知らせます。

hangousuihan.gif子どもたちにとって最初の夜のメインディッシュは自分たちが作る飯ごう炊飯。
グループにわかれ、野菜やお肉をきざみ(大抵はカレーライスですが)鍋を用意します。他の子たちはといだお米を飯ごうに入れ、カマドにかけるのですが、これが中々、簡単にはいきません。電気、ガスで育った世代は、火をつけることさえ初体験なのです。しおり(ガイドブック)を見ながら、新聞紙を種火として火をつけるのですが、勢いよく新聞紙は燃えても薪には火がつきません。気の利いた子のいるグループは落ち葉や小枝を集めて来て、うまく着火するのですが、どうしても2グループぐらいカマドに火がおきないのです。

ここでわたしの出番です。撮影は一時中断して薪の重ね方、種火にする新聞紙の入れ方等々、上手に団扇を使ってあっという間に火をおこしてしまいます。見ていた子どもたちは手を叩いて大喜び。

じつはこれがとっても大切なことなのです。
彼らが6年生になって卒業式を終えるまでの2年間、わたしに対する尊敬と親愛の関係が生まれるための、まず第一歩なのです。(はやい話が、子どもたちの撮影が、し易くなるということです)

(内緒の話)
薪で火をおこせないのは子どもたちだけではありません。最近の若い先生はやはり電気、ガス世代ですから、食卓の準備に他のクラスと、どんどん時間差がついてオロオロしています。そういうときの助っ人カメラマンの活躍は生徒たちだけでなく、担任の先生の信頼も得ること間違いなしです。

そうそう、もうひとつ。
さっき助けてあげたグループから、必ず!夕げのカレーライスに招待されます。断ってはいけません。
たとえ、生煮えのジャガイモやニンジンが喉につかえることがわかっていても。
子どもたちのうれしそうな顔を見ていたら断れるもんですかもうやだ〜(悲しい顔) トホホ。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2006年07月10日

学校写真(野外活動)その1

以前、学校写真撮っていた時期がありました。
フリーになって食い詰めていたときに心配した友人が紹介してくれたのです。
元請けがあって、そこの契約カメラマンということで依頼があるときのみ、とぶのです。
当時はわたしも若くて、子どもたちと一緒に遊ばせてもらっていたという様な仕事でした。

小学校では5年生、中学校では2年生のときに野外活動といって、課外授業の一貫で何日間かキャンプにいくのです。いわば翌年の修学旅行に備えて、団体行動を子どもたちに体験させるためのリハーサルと言ってもよいでしょう。当然、先生方も修学旅行時のメンバーで構成されていますが、現実は修学旅行以上に大変です。

それは修学旅行はツーリスト(旅行会社)がすべての行程を進行させます。先生方もお客さんですから何もすることはありません。ほとんど大名旅行状態なのです。
ところが野外活動の場合はまるっきり違います。すべて先生方が準備し進行させます。生徒たちも管理しなくてはいけません。全日程が終了すると全員グッタリというのが本音でしょう。

小学5年生の子どもたちにとって、人生で初めて親元を離れての外泊ですから、学校で出発のバスを見送る父兄の顔も何かしら寂しさが漂って、親としても子離れのリハーサルなのかもしれません。(キャンプ場まで自家用車で追っかけてくる親もいましたが)そんな親たちの気持ちなんかどこ吹く風、子どもたちは大喜びでバスの中ではしゃぎ回っています。

わたしの街では公営のキャンプ場が市内近郊に何カ所かあって、冬場を除く一年の大半は学校関係の利用でスケジュールは埋まっています。わたしは普段、自宅の仕事がありますから、あらかじめ学校から貰った日程表をチェックし、押さえるべき行事のみ撮影に街から車を飛ばして現地に直行します。

もう、山頂へ向かう道から望める眼下は、しだいに訪れる夕闇にポツリポツリと人家の明かりが目に映るころです。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2006年06月26日

子供たち受難の時代に大人の役目は

kodomo.gif勤めを辞めてからフリーになったとき、しばらく食えなくて心配した友人が「ちいさな仕事だけど、ギャラも安いし。やってみる?」。当時は藁をもすがる思いだったので二つ返事で受けました。学校の卒業アルバム用の撮影です。

街の写真屋さんの仕事なのですが、それはそれで結構楽しくて、一時的なツナギのつもりだったのですが、十年余り続きました。あくまでも助っ人なので普段は拘束されないし、おおまかなコンセプトの擦り合わせはあっても、あとは自由に撮らせてもらえたので、今となっては楽しい思い出のひとつです。

表面的ではあっても学校の中(教育界)が覗けるという興味もありました。卒業アルバム用の撮影なので対象は最終学年(小学校なら6年生、中、高校生なら3年生)だけです。当時は自分の子供のような年頃の子相手の仕事は、時々本気になって叱ったり(仕事を忘れて)、色々ありましたけど、日ごろの大人相手の仕事(広告撮影や取材撮影など)とは違う意味で勉強になったと思います。

その中でわたしなりに感じたこと、見てきたことで、いまの社会問題(子供の)に通じるのではないかと思われる思い出をピックアップして書いていこうと思います。今日はもう時間が無いので、マエフリだけですが、次回から具体的な体験談を載せる予定です。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2006年04月20日

人として生きて行く為に必要なもの。

今朝自宅に帰る車の中でラジオを聞いていたら、今ちょっとした「脳トレーニングブーム」なのだそうだ。グーグルで検索したらズラ〜と出たけれどひとつひとつ見る時間が無くてほんの数件見ただけだが、なんだかよく分からない。

頭のトレーニングというか体操というか、何故かこの手の出版物や番組は受けるし、行き着けの喫茶店のマスターもお客そっちのけで「クイズ番組」に夢中!。

人間みんな向上心があるから感心も高いのだろうけれど、そんなトレーニングぐらいで頭脳明晰になれるのかな〜?。ブログやってる皆さんは原稿で日夜、頭ひねってるし、アップするために指でキーボードも打たなきゃならないから、いまさらトレーニングは必要ないと思うけど。

人間の知能とかセンスとかは先天的なモノなのか後天的なモノなのか、わたしも専門家でないので詳しいことはよく分からないけれど、以前の仕事がクリエイティブなことを要求される職業だったので自分の才能の無さは身にしみて感じていた。

子供のときからいわゆる「お勉強の出来る子」だったから、周りの期待も裏切れないしそのために努力もしたけれど、社会に出る日が間近になって、急にクリエイティブな世界に気を惹かれ飛び込んでしまった。結局、実を結ばなかったけれど後になって考えてみれば、最も多感なこの時期にこそ、勉強以外の色んな事が一番大切な栄養ではなかったのかと今にして思い悔やまれる。(遊びも恋愛も)

世の親御さんたち、我が子を将来中央のお役人にするのが目標なら「学力一辺倒」だけでよろしいでしょう。でも混沌とした未来にお子さんの将来を託すのならば、子供にとって諸々の経験はどんなつまらないこと(親から見た)でもすべて栄養になります。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 教育

2006年03月26日

民間出身の府立高校校長辞任の記事を見て

大阪府立高校校長辞任というブログ記事が目に止まって中身を拝見しましたが、民間活力導入というお上の掛け声のもとにはじまった始まった制度も、既存の世界を壊されたくない教職員との壁の厚さにこういう結果になったことは非常に残念です。

わが広島県も尾道市立小学校校長が自殺に追い込まれたという苦々しい過去があります。わたし個人の思いとしては、そこまでいかないまでも府立高校の校長先生がお辞めになったのは苦渋の選択だったことと思いご同情します。

前回書きましたように学校と言う聖域は部外者にとって特殊な場であることは長年現場を見てきたわたしにとってあらためて述べるまでもありません。

唯、言えることは彼らの大半はその現状に疑問を持たない、外圧や世間の批判に直接さらされないことが自分たちの置かれている立場を自覚しないままきているというのが現状ではないでしょうか

トップを民間人にというお上の試みは大阪府立や尾道市立の場合は実を結びませんでしたが、全国で今なお在職されている民間からの校長先生(約100名弱)はどの様な現状なのでしょうか。

今回の場合が特異なケースであることを、ただ祈るばかりです。

父兄の公立校離れ志向に拍車がかかっている昨今ではありますが、それが出来るのも一部の富裕層や都市部に生活できる人たちのみです。
全国の地方に住む庶民にとってその選択肢すらありません。

これからの子供たちの、いや日本の未来が教育界にかかっています。
自分たちの責務がなんであるか大人たちに問われているのではないでしょうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育

2006年03月23日

卒業式

三月は、卒業のシーズンである。

以前のわたしの仕事は広い意味で学校関係も営業エリア(主に小、中学校)であったので、業者の立場で年間を通してお付き合いをしていた。

sotugyoushiki.gif学校にとって卒業式は大切なイベントであり最終の仕上げでもあるから、その日に向かって先生方と生徒はリハーサルに余念がない。
本番当日、日々の練習のかいあって式は静々と進み、列席した父母は我が子の成長した姿に目にハンカチをあてる。
伝統的な日本の卒業式である。

部外者のわたしにとってそれは毎年繰り返される光景であり、失礼ながら何の感情の起伏もない。(毎週末、街のあちこちで行われる結婚式にたずさわる式場の業者や、葬儀場の業者と同じ感覚である。)
褪めたわたしの視点で十年余り見つづけてきた。与えられた事は一言一句間違わずに、足の運び方まで決められた所作で完璧にやりとげるというこの進行はわたしにとっていつも不思議な状景であった。

なにか違う。

教えられたことを完璧に反復し、答える教育。
基礎の大切さはわかるけれど、それらのマニュアルから外れるれることを微塵も許さない雰囲気。
あらかじめ用意され、練習に練習を積んだ送辞と答辞の言葉。
子供たちの創意と主張がみえない。
しょせん大人たちによって与えられたシナリオ。

今教育はある意味でいろんな問題を抱え岐路に立たされている。
本当の子供たちの声が訊きたい。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。