石橋を叩いても渡らないかも?: ローカル(行政)

2006年12月18日

広島県知事辞職勧告決議案可決の陰に

師走の忙しさでブログやメールのお返しが遅れていることをお詫び申し上げます。

fujitachiji.gif全国各地での県知事の不祥事が明らかになって、最悪の場合は逮捕という事態までに至っておりますが、我が広島県もご多分にもれず、藤田現県知事の過去の県知事選での後援会の不正政治資金疑惑が取りざたされて、ようやく18日、議会で知事辞職勧告決議案が可決されました。

法的拘束力はないとはいえ県政史上初めてのことであり、これも全国の厳しい世論に地方議会も怠惰をむさぼってきたいままでのツケが回ってきたということでしょう。うがった見方をすれば、機を見るのが早い支持会派議員たちが自分たちに世論の批判が向けられることを恐れて、いち早く変身し、正義感ぶっているように見えます。(だって昨日まで、うすうす知っていて見て見ぬふりをしていたのが大半でしたから)。

今回は珍しく地元中国放送(RCC)がこの件にしぶとく食い下がっていった報道姿勢を高く評価します。他のメディアはそれに追従した形でした。とかく政治というと、一般市民にはわかりにくく、たとえ理解出来たとしても、その長年のなれ合いと既得権益がらみのつながりが不正を許してきました。

今回は知事の責任追及に一点が集中し、それを正すことでトカゲのシッポ切りならぬ、頭切りの様相ですが、じつは事はそんな単純なことではなく、ここまで堕落させた責任は「おぼっちゃま県知事」を担ぎ上げ、自分たちにとって都合のよいように利用した一部の県議たちに、おおいに責任があると思います。

彼らは疑惑を追及されても全員否定しております。知事が決して清廉潔白だとはいいませんが、今日の議会可決後の知事インタビューでの彼の口惜しそうな表情を見ていると、ちょっと同情してしまいます。老練狡猾なベテラン県議を相手に県政を進めるのは容易ではありません。やがて去っていくであろう知事に責任をおっかぶせて、口をぬぐっている老県議たちに憤りをおぼえます。

無風状態の知事改選なのに、それなりの挨拶料(中途半端な額ではない)を要求し、それを飲まないとこれからの議会運営に支障が起こるかも知れないと脅し取った手口はまさに「平和のヒロシマ」ならぬ「ヤクザのヒロシマ」です。知事一人の首のすげかえより、この腐った老県議連中が居座って居る限り、明日の県政の未来はないと思います。これからどう展開していくのか目の離せない日が続きます。地元マスコミの正義の取材報道が持続することを期待しています。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | ローカル(行政)

2006年08月25日

前呉市長逮捕(市消防局職員試験不正改ざんから始まって)

ひさびさに、わたしのふるさと呉が全国ニュースに話題を提供してしまった。こんなことぐらいでしか知名度を上げられないなんて情けない話だが、もう早くも半日でメインニュースから遠ざかりつつある現状は、ニュースソースとしてはあまりにも日常茶飯な事件で、マスコミにとってはコンビニ弁当の味にも劣る月並みな話題だったのだろう。

わたしとて、これが他の一地方都市で起きた事件なら記憶にとどまるどころか、見落としているところだが多少なりとも懐かしさもあるふるさとのこと故、関心をもってすでに伝えられている報道資料に目を通して見た。

kureshiyakusyo.gif発端は市の消防士職員採用試験の不正改ざんに現職の市消防局長以下幹部3人が関与し(局長および幹部、計3人起訴、幹部1人は不起訴)合格ラインに届かない十数人の採点に手心を加えたという。応募者192人に対し10人採用という狭き門なのだがこの不正改ざんによって少なくとも2名は採用となった(ここまで手心加えてもらっても10人以上が落ちているとは、とんでもないバカが受験していたということ、こんな奴が消火現場に立つことを想像するだけで恐ろしい)

ローカルな事件でかたずくところだったのに取り調べ捜査が進むにつれ、現市助役、前市助役、計2人逮捕と事件は拡がり、遂には消防局不正採用の火の粉が、過去の本庁一般市職員の不正採用にまで飛び火し、24日には前市長(当時現市長)の逮捕まで至った。

人口25万の小さな地方都市だが、電話で地元の友人に町のひとたちの様子を伺ったところ、マスコミの報道ぶりとは関係なく、市民は冷静だと伝えてくれた(マスコミは作文が好きなので?やたら煽り記事が多いのはいつものこと)。
いわゆる、田舎の口利きにによる公務員採用は昔から珍しくもなく、いまに始まったことではないが、今回は市行政のトップがかかわっていたということで、それらを動かすだけの裏の実力者の影が見え隠れする。現段階では捜査当局も取り調べ中の段階なのでコメントは出ていないが、一部のマスコミ関係者や、わたしはほぼそれに該当する実力者が誰であるか見当はついている。

「仁義なき戦い」で全国に名を知らしめた町なのだ。その連綿たる構造が町を作っているのを一番よく知っているのはそこに住む人たちである。だからみな冷ややかに今回の件を遠巻きに見ているのだ。まるで西部劇映画の荒野の町のように。映画ならいずこからやって来た旅のガンマンが、この怠惰と腐敗にまみれた町に正義の光を当ててくれるのだが、現実はドラマのようにいかない。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年07月30日

文化は与えられるのではなくて自分たちがつくるもの

4月30日のわたしのブログでも取り上げた広島郵便貯金ホールの廃止が来年3月というリミットを直前にし、広島県の藤田知事は郵政公社から県が買い取る方向で行くこと明らかにした。

a.nvah1.gif存続をのぞむ関係者や市民にとってたいへんうれしいニュースだが、県財政がひっ迫している中での英断ゆえ、市民が利用することの要望だけではなく、これから自分たちの手で守っていく自覚も必要だ。
複合施設ではなく純粋なホールということもあって、収入は利用者のホール使用料のみという環境で年間6千万円の赤字を出し続けたことは稼働率の悪さを物語っている。現在、平日の夕方から夜にかけてのもっとも利用されるであろう時間帯の3時間の料金は約30万円である(土日祝日は5万円アップ)。年間赤字金額をこの料金で割れば、単純に200回(日)公演があればペイ出来るのだが、土日祝日を除く200日使用は、現在、最も利用されている土日を加えれば、早い話が一年中なにかやっていないと赤字になるということだ。
文化(スポーツも)という栄養はお金がかかるものなのだ。でも必要不可欠なのだ。

コイズミ政権の郵政民営化の流れによって利益の出ない施設の切り捨てという、ただ単に帳尻あわせの論理が間接的には国民生活の文化の切り捨てにつながっている。利益の出ない施設の存在を認めないのなら、世の中の文化はゲーセンとパチンコ屋しか生き残れない(ちょっとオーバーだけど)。

終戦の無の状態から始まった日本の復興で、人々が一番先に求めたのはおなかの空腹を満たすこと。そして次に求めるものはこころの空腹を満たすこと。それは読書であり、音楽であり・・・・・。人間は水とパンのみで生きているのではない。こころが満たされない状況をうむことに何の疑問も持たない為政者がつかさどる政治の国の民は不幸だ。

ホールが県の施設になれば、とりあえずは存続の危機は乗り越えられる。だが、これからかかるであろう赤字を解消するには?
稼働率をあげること。極端なことを言えばタダで使用される公演があってもいい。市民や県民が使うのなら光熱費だけでもいい。だってこれからは市民や県民のモノだもの。これで収益があがらなくてもちゃ〜んと後払いでもっていかれます。税金で。赤字補填というかたちで。
だから目一杯利用しよう。無駄な空き日が出ないように元をとればいい。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年04月30日

文化涯る地へ向かって

今、広島は二つの文化の灯火(ともしび)が消えようとしています。ひとつは三十三年の伝統を誇る地方の文化の広場ともいえる郵便貯金ホール、そしておなじく厚生年金ホール。数々のコンサートや演劇が開かれて来た、これらのホールは地方に住むわたしたちにとって唯一の文化の香りを共有できる場でもありました。
中国新聞06年3月29日付、郵便貯金ホール関連記事
中国新聞05年12月5日付、社説 厚生年金会館関連記事

このホールの名称を見て何か気づきませんでしたか。
いずれも小泉首相が推し進める行政改革の槍玉にあがっている関連省庁の施設です。政府が財政赤字を解消し、健全な行政の姿を取り戻すという目標に突き進むことによって浮かび上がってきた現実です。

郵政も民間企業へと変身する期日が迫っています。それに準ずる他の省庁も改革の早急な成果を求められています。
目標を与えられ、それを成し遂げる為にはみじんの妥協も許さないお上に、木っ端役人は戦々恐々とし、ただ数字合わせの改革に励みます。
その結果が地方の切り捨て。
そのころ首相は好きなクラシックに、演劇に、都内の名だたる会場で芸術鑑賞です。
小泉さんの声が聞こえてきそうなきがします。「いいじゃない、東京までくれば。飛行機なら1時間ちょっとだよ。新幹線で大阪でもいいけど。便利な時代なんだから、みんな自分が求めてもっと行動しなきゃ〜」なんて言いそうです。

だれがそれに係る時間と費用を負担するのですか。これは一地方都市の問題ではなく、広島を基点にしてもっと小さな地方の町の人たちは、はるばる交通機関を乗り継いで、隣県や対岸の四国からでも文化の香りを求めて広島にやってくるのです。

数字合わせの改革だけを推し進めることは、全国の地方都市にとって日々の生活の経済格差だけでなく文化までも奪い去られようとしています。
「民間に出来ることは民間にまかせればいいじゃないか(小泉首相)」。
民間は採算のことしか考えません。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | ローカル(行政)

2006年04月28日

続・補選千葉7区の影に(新・東広島市長選)

米軍基地問題を抱える岩国市や沖縄市と違って地方自治と中央の対決などさらさらなく、病気を理由に辞職した前市長の後任としての市長選挙だった。
たまたま立候補したのが自民政調会長中川秀直氏の次男俊直氏(35)だったからマスコミは政権与党側候補VS対立候補的図式を作り上げ、俊直氏が落選すると政権与党批判の一端の表れだとハシャギたてたが、実は当選した対立候補蔵田義雄氏(54)は生粋の自民党元県議だったわけで、あえて言うなら親バカ政調会長子息の政界デビューVS地元現職ベテラン県議対決というのが本当の図式だ。

自民政調会長中川秀直氏は日経新聞政治部記者のときに、故衆院議員中川俊思氏(自民)の娘婿として岳父の地盤を引き継いで政界デビューし、現在に至っている。当時、衆院選は中選挙区だったので引き継いだ広島2区は超激戦区で、5人当選のうち必ず現職が落ちると言う魔の選挙区だった。
そういうこともあってか中川秀直氏の初当選は自民党ではなく、自民独裁の政界に新風をと袂を分かって作られた「新自由クラブ」からの初デビューであった。いまの俊直氏よりも若い32才で政界入りしたが、その後も順風満帆とはいかず落選も経験し、自民党に鞍替えした後も安定した政治生命とはいえなかったが、奇しくも衆院小選挙区に制度が変り、昨日までのライバルと選挙区が競わないよう上手な区割りで魔の激戦区の時代は終わりを告げた。

その後は皆さんもご存知のように数々のスキャンダルにもかかわらず、広島という保守的な地盤や天の風にも助けられて、現在の地位まで上り詰めてしまった。幸運な男である。
その子息、次男俊直氏が今、若い頃の父が苦戦を強いられた保守的な地盤で同じ憂き目にあっている。これは地方ではありがちなことで、ハイレベルな政争ではない。単なる地方の利権の争いである。

ニュー東広島市民はどんな気持ちでこの状況を見つめているのであろうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 13:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年04月26日

補選千葉7区の影に(新・岩国市長選)

今回の衆院千葉7区補選とあいまって各地の地方市長選挙もあり、いずれも自公推薦の候補が敗れるという結果をマスコミや政治ブロガーの皆さんが、政権与党に対する反撃のノロシだとエキサイトされておりますが、地方自治の選挙結果は若干ニュアンスが違うとわたしは個人的に感じ、気は重いのですがあえて筆をとりました。

新・岩国市長選挙の投票結果は米軍基地移設問題で市民に直接是非を問う住民投票を実行したことで一躍話題となった前市長井原勝介氏が勝利しましたが、移設反対の井原氏が新市長に指名されたことにより問題はより複雑化する様相です。

山口県岩国市は県東部に位置し、明治維新で近代国家を推進する原動力ともなり多くの政治家をを輩出した長州(県西部)と県を同じくしますが気質はまったく違います。これは関が原の戦いまで遡らないとその真因は理解して貰えませんが本題と外れるのでお暇な方は自分でお調べください。
実際に今でも経済圏、生活圏は隣県の広島県に属します。

米軍基地を抱える市町村はいずこも共通した問題で悩んでいます。戦後、進駐軍から駐留軍へと呼び方は変れど60余年好むと好まざるとに関係なく基地の街として来た経緯を考えると井原氏のような人が市長として選ばれ、住民達が基地移設に反対票を投じる。「ノーと言える日本人」の時代がやっと地方にも来たのかという思いです。

でも現実の見通しは闇です。遅過ぎました。バブル全盛の時代ならいざ知らず、日本経済は沈下し地方は高齢化をも伴って疲弊しています。ジャマな基地さえ住民にとって大切な財源です。こうした地方の苦しい台所事情を巧みについて飢える子供の前に飴玉をちらつかせるがごとく政府は決断を迫ります。(住民の了解を取らなくても行使できるのではあるが)
地方自治の主権は当然住民にあるのに、国という大きなチカラはこう言います。「日本国民の平和のために」「日本国のために」
それは何故か、ずーと、わたしが生まれるよりもずーと昔に聞いたような気がします。

次回は東広島市の市長選(自民中川政調会長次男立候補地)について語ります。




このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年03月30日

ノーモア田舎行政byヒロシマ 続編

今日も全国のみなさんにとってどうでもいいローカルネタでいきます。

hiroshimakyujou.gif広島東洋カープの本拠地でもある広島市市民球場の移転・新設にたいする選考委員会の最終報告書が広島市長に提出されました。

新球場建設のコンペでは先の防衛施設庁発注談合事件のかかわりで参加4社のうち3社が失格するという異例のコンペになりましたが、とりあえずは竹中工務店だけは残れましたのでそのプラン内容の検討を急がれていました

新球場予定地にふさわしい場所が他に無かったという見切り発車ともいえる球場建設計画ですが、その周辺を生活圏とする市民にとっての関心は球場が出来ることの恩恵より,リーグ戦(主にナイター)期間中による交通渋滞問題の対策はちやんと計画に盛り込まれているかどうかで、それははなはだ疑問です。

広島の新しい施設計画が実行されるたびに繰り返されるのは、その器づくりばかり専念して周囲の市民生活に及ぼす負の部分がいつもなおざりになってきたことです。

古くはアジア大会にあたっての輸送手段としてつくられた無用の長物ともいえる不便なモノレール。アクセスが確保出来ないままでスタートし現在に至っている広島新空港など。
あげればきりが無いのですが、今回は事態はもっと深刻です。それは新球場予定地は広島駅のすぐそばにあって、唯でさえ朝夕のラッシュ時は大渋滞になるのに球場に観戦にくる自家用車や貸切バスの数量を考えると想像しただけで頭が痛くなります。(最下位が万年定着しつつある広島東洋カープの寂しい観客動員数をもとにシュミレーションしたのなら、それは皮肉か〜と怒りたくなります。)

いつも結果オーライの地方行政の一端でありますが、あとから駄目だったということが無いように球場建設を含む市民生活の影響をもっと総合的に判断するべきではないでしょうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年03月27日

わずか10度の変更に夢を託す。

沖縄普天間基地の滑走路移設について政府(防衛庁)と名護市による最終ともいえるすり合わせ調整に入った。

okinawa-futennma.gif防衛庁は新滑走路への離発着角度を10度変更することで住民への影響を極小化するという案を提示した。名護市側はそのコース変更によって新たな危険と公害を受ける地区が発生することを避けるためにも沖合い400メートルの位置まで滑走路そのものを移動するべきだと主張している。

できることなら名護市の要望がとおって欲しい。

この記事タイトル「わずか10度の変更に夢を託す」とつけたが不完全な妥結に終わっても夢は捨てないでという願いでつけた。

半世紀以上に渡って理不尽な扱い(基地問題で)を受けてきた沖縄県民の心情を思うと、我々内地の日本人だけが影の部分を沖縄に残したまま、今日(こんにち)の繁栄を授かったことをかえりみれば、いつも申し訳ないという思いが今でもわたしの心の奥底にある。

わたし個人の思いは、沖縄県民が望むならば何兆円出しても米軍基地グアム移転もやぶさかではないが、理想に近づくための現実の一歩として今回は合意が得られることを切に願う。

右とか左とかイデオロギーにこだわる人たちよりも、わたしにとって「オキナワのひとたち」の今日の幸せのほうが大切だから。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | ローカル(行政)

2006年03月14日

「岩国」米空軍移設問題に市、住民投票。

一昨日の住民投票の結果は誰もが想像してたとおり、圧倒的多数で反対票が多かった。
(そんなことあたりまえ。日頃、軍用機の爆音が超ウルサいことを体験している市民に賛否を問えば当然のこたえ。)

iwakuni.gif一部、商工会や関連議員の反発(賛成派)はあったけれど、これとて責める気にもならない。
地方都市の経済は衰退している。
二昔まえならテイジン、三井東圧など街を潤わす基幹産業もあったが、それも遠い過去のハナシ。
迷惑料としての見返りにお上にシャブらせてもらえるアメが目当てなのも無理ないかも。
首都圏と地方との経済格差は想像以上に深刻なのだ。


「ギブミーチョコレート」の時代を知っている私
反戦反米モードの時代に街の映画館で観た白黒画面に映し出されたアメリカさんはみんなお金持ち。
占領されている惨めさとは裏腹に彼等が落としていくドルは、貧しい日本人とって魅力的。
それも1975年頃までのこと。
ベトナム戦争終結とともに海外駐留米軍の駐留経費の削減、為替の変動でドル安。お金持ちのアメリカさん(兵)は、ただのガイジンさんになってしまった。

こうなっちゃうとタダのお荷物。
そして今回は厚木が岩国になっただけのこと。

「新しいゴミ処理場建設の用地難航!」て言うのとよく似ている。

総理を辞めていくコイズミさんにとってはどうでもいいことだろうけれど、後を引き継ぐと予想される安倍官房長官は地元山口県(選挙区は違うが)のことなので、ひとこと言葉を間違うと、とんでもないことになるかもね(何があってもおかしくない時代なのだから!)。



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(3) | ローカル(行政)

2006年02月26日

ノーモア田舎行政 by ヒロシマ

先日、地元第三セクターによる紙屋町地下街が債務超過に陥り、膨大な負債を抱え行政の血税による支援に頼るところまできていると書きましたが、後日この地下街開発の社長含む重役二名、計三名が責任をとって辞任するとマスコミ報道されました。

反応の鈍い地元紙もようやく重い腰をあげ朝刊一面に同様の報告記事を載せていました。

念の為、その地元紙のホームページの記事検索ブログを観てたら、この件の責任の所在は地下街を造った当時の市長や、支援した商工会議所、市議会にあって今の経営陣をせめるのはスジチガイだというようなことが書かれてありましたが、そんなこと最初からわかっていることでそれを承知のうえでいまの経営陣に収まったのだから、良い結果が出せなかったら責任をとるのはあたりまえ。

ついでに一言。いろいろ利害がらみの地元紙の立場もわかりますが、言葉を選ばないと「天に唾する」ことになりますよ。

わたしが、この件をしつこく書きつづけているのは次に控えている市民球場移転計画が、まったく同じ様相を示しているからです。

単なる市の一施設の移転問題を、いまや地元マスコミも商工会議所、市議会など巻き込んで広島カープのため、市民のためであるがの如く煽っていますが、「口は出すが金は出さない」このパターンは従来の都市計画で散々な経験をしたにもかかわらず、利権にたかる連中の片棒かついでいるのと同じ事です。

今回は地元紙の批判がテーマではありませんのでやめておきますが、住みよい街づくりを望んでいるのは市民全員だと思います。
それを導くのが行政であり、いろいろ権限を揮(ふる)える立場にいる方々(マスコミも含め)だと思います。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年02月22日

田舎行政、お粗末の巻 

今日は、ちょっと退屈かもしれないけれどローカルネタでいきます。

わたしの住んでいる広島市の中心部でデパート、銀行、大型家電量販店などなどが立ち並ぶ紙屋町という一日中渋滞が絶えない、移動する市民にとってはもはや頭痛のタネといってもいいくらいの魔の交差点があります。

行政もこのままでは市民生活にも、経済活動にも支障が出てくる(出ていた)ことを懸念し、渋滞解消のため、この交差点上の横断歩道を撤去し右左折の車両の流れを円滑にすることによって渋滞を緩和するという計画実行に乗り出しました。

そして歩行者は地上から横断歩道がなくなった代わりに新たにつくられた地下通路を通って交差点を渡ると構想です。

3年計画で膨大な予算を組み着工にかかったのですが、想像以上に地盤が軟弱なため、改めて工期を6年に延長し、その為の追加予算を計上してどうやらこうやら完成に至ったのですが、この地下通路をつくるにあたって、通路に沿って地下街もつくろうという構想を最初に聞いたとき、ハテナと小首をかしげてしまいました。

工事着工のときは、すでに世の中バブルが崩壊し大衆消費もかげりがみえてきているのに、地上のテナント相場と比べるとバカ高いテナント料で出店を募集するなどギモンだらけのスタートでした。そしてあとでわかったのですが、ごたぶんにもれず、あの悪名高き第三セクターだと。(全国の成功されている第三セクターの方、ごめんなさい)

先月末、市議会の建設委員会での報告では昨年9月の中間決算で148億円の特別損失を計上、約64億円の債務超過に陥っているとの事。

委員会に出席した第三セクター「広島地下街開発」の社長のコメントで、将来に対しての展望は、およそ絵に描いた餅のような、地上の民間企業が生き残りをかけてしのぎを削っているこのご時世に浮世離れをした構想は、最後は官に頼って我々の税収を担保に乗り切ればよいという甘えが見え隠れします。ひょっとしたらどこかからの天下り人ではないでしょうか。

結局広島市が173億円損失補償するみたいです。

いずれにしても最後のツケは一般市民に降りかかってくる可能性大です。
ア〜、住民税払うの嫌になってきた〜。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。