石橋を叩いても渡らないかも?: オーマイニュース(店・仮想)を訪れて

2007年01月08日

オーマイニュース(店・仮想)を訪れて

年末から正月にかけてずっと出勤状態のわたしにとって、新たな年を迎えたことで気分一新のスタートをはかりたいところですが、このダラダラと続く毎日は精神的疲労もピークに近く、記事を書く意欲もわかない状態でした。

連休初日、空の雲行きが怪しくなった頃、いつものようにマイカーで出社しようとしたらエンスト。
わたしの足となって走り続けてくれた愛車も、いままで走っているのが不思儀なくらい酷使していただけに、わたし同様老朽化し、それを だましだまし乗り続けてきたから、とうとう来るときがきたかという思いです。

でも、そのおかげで思わぬ休む為の口実が出来て、精いっぱい悲しそうな声をつくって社に電話し、やっと人並みに連休がとれました (代替えの交通機関のない不便なところに住んでいます)。

前フリが長くなりましたが、さっそく いつも伺う方たちのブログをチェック、相も変わらず正月から元気な様子を確認し、それから、いま一番関心のあるお店、オーマイニュース(仮想)を訪れました。

開店(創刊)からはや半年が来ようとしています。小奇麗な店先の陳列(誌面)は変わりありませんが、なぜか人気(ひとけ)のないガランとした雰囲気に訝しさを感じながらも店内に入って見ました。

品ぞろえは日ごろから口うるさい常連客を意識してか、陳列棚にならぶ商品は健康食品(記事)ばかりです。
開店早々、冷やかしのお客で一時騒然となった経緯がありますから、ウィンドショッピングに訪れる一元のお客様の扱いは以前のままですが、会員客(コメント投稿者)を装った不良来店者の締め出しは強化されているみたいです。

もっと、驚いたのはお店で一番の売れ筋(人気記事)が、いまだにお店自慢のクレームグッツ(社内批判記事)だったことです。なにせ注文件数(アクセス&コメント数)は他の商品を抜いてダントツに多いのです。それに比べて他の商品の予約注文(アクセス&コメント)の少ないこと。予約ゼロ(コメント数)の商品(記事)が棚にあふれています(当然アクセス数も少ないのですが)。

でも、新鮮を主に売りとしているこのお店は、売れなくてもドンドン棚ざらえして新商品(新記事)が並ぶのです。
そして店内を闊歩している常連客たちと言えば、自称開店当初からの常連だといって、あらたに訪れる店の客を品定めし、その客が何か言おうものなら、口の利き方が悪いだとか、うちの店(?)に相応しくないだとか、およそ一般世間では考えられない応対で来店者をビビらせて悦にいっているのです(元々、セルフのお店なのですが、なぜ店員でもないのに指図するのだろう?フ・シ・ギ?)。

お店の店長も困っているみたいですが、実質この常連客で売り上げ(アクセス&コメント数)を維持しているという現状を考えると何も言えないみたいです。わたしも何か言おうと思いましたが、そのとばっちりが店長や静かに来店している他のお客様にご迷惑がかかってはいけないのでただ、傍観しているだけです。

お店の経営責任は店長やその仕事に従事している者にあります。
ローカル球団にありがちな熱烈であるがゆえに監督の采配に口出しする野球ファンに似ています。でも勝たなければいけないと一番感じているのは当事者(編集部)でしょう。どんなに熱心でもファンは責任の無い発言者です。ともに心中はしてくれません。でも、注文は人一倍多いのです。

みなさんも日常生活でこんなお店見かけたことはありませんか。ヤンキーがたむろしているコンビニとか、反対に高級ブティックで鼻もちならない成金マダムがインテリかぜ吹かせて、さも自分でこの店は持っているんだといわんばかりの態度で、それをお店の人が上目使いに応対している様子だとか。

わたしもオーマイニュース(仮想)が開店したときはおおいに期待し、既存の大規模店(マスメディア)の退廃ムードに新風を吹き込んでくれるのではと思いましたが、現状ではインテリ(?)ヤクザのたまり場と化しているみたいです。

一日も早く創刊時の志に戻ることを望みます。

注:(実在の企業名に類似した部分がありますが、これはあくまでもフィクションであり、正月向けのエンターティメントとしてご鑑賞ください)

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(5) | ニューメディア
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
やっと書いてくれましたね^^ちょっと心配しておりました。よかったです、車だけで(笑)
いいですねー!今日の記事は秀逸です。
しばらく私も見ていないのですが、ほぼ想像がつく様子ですね。
コンセプトの割にはスタッフの役割分担という責任所在というかどこかチグハグなまま来たって感じですね。
エセ常連が居座る店はキライですね。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by ぶいっちゃん at 2007年01月08日 16:39
こんばんは。
上手い例え話ですね。
ホントに、最初は期待大でした、私も。
でも、ヤンキーやら似非セレブやらに辟易して、退散してしまいました^^;
せっかくのニューメディアなんですから、
何とかならないものでしょうか・・
ヤワナ方は、二度と来ないでしょうね。
それにしても、最近は、このようなサイトが雨後の筍の様に出てきましたね。
Posted by una at 2007年01月08日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小泉公明クンになれますか?
Excerpt: 昨日ちょっと考える事があって、このらんきーブログの温故知新の旅に出た。 私がまだブログを楽しく、お気楽に書いていた頃の記事をいくつか読んでみた。 かなり拙い文章ではあるが、あの頃の方が今よりも私ら..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2007-01-08 16:33

一発芸
Excerpt: 今日は時間がないので一発芸です。 仕事をサボってこんなカワイイ写真をニヤニヤしながら眺めていたら・・・ こんなキモイ写真(↓)が出てきてしまいました。 安倍晋三首..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2007-01-08 23:31

サポーター作戦
Excerpt: 権力を監視し批判する人間は社会にとって絶対的に必要な存在でありますし、幣ブログも微力ながら「番犬(Watchdog)」の役割を果たしたいと思っております。安倍晋三さんを疑いのマナコで見つめ、小..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2007-01-09 20:23

マグロ消費と環境(下−1)
Excerpt:     (副題:資源維持)  先ず、(中−1)へのコメントの紹介から入る。  una:TBありがとうございました。  東京新聞経済欄に、EPA(経済連携協定)の記事がありました。オーストラリア側の要..
Weblog: 関係性
Tracked: 2007-01-09 21:36

ホワイトカラー・エグゼンプション
Excerpt: 「ホワイトカラー・エグゼンプション(white collar exemption)」のことを初めて知ったとき「これは現代の奴隷制度だな」と思いました。 そもそも日本の社会にはれっきとした「奴隷労..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2007-01-10 20:41

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。