石橋を叩いても渡らないかも?: (続)いま一番必要なもの

2006年12月26日

(続)いま一番必要なもの

きのうは政治ブロガー批判に終始したのだけれど、これとて憎くて書いた訳ではない。

打倒安倍政権の集(ブログ記事)が、民主党さえ政権をとればと悲願にも近い気持ちで語られ盛り上がるムードに一抹の不安を感じるのだ。それは「あの岸まで泳ぎ着ければ」とか「あの山さえ超えれば」とかという先の見えない桃源郷を夢見ている姿にも見える。

そこまで極論ではないにしてもとりあえず、対立軸として政権をとれば今後どちらが政権をとっても、民意を無視した政策はとれないだろうと言う二大政党願望の現れかも知れない。それが、わたしにとってすごく安易に感じられ、あたかも見えぬ山の向こうに楽園が拡がっているかのような願望にも思える。

そもそも小泉さんが異常ともいえる多数の支持を取りつけて政権を維持し続けられたのも、長年の一党独裁の時代(厳密には連立ではあるが)終わりを告げるべく、「古い自民党をぶっこわす!」というアンチ自民の期待をみんなに抱かせたからだ。

小泉政権の残した結果は惨憺たるもので、これからの立て直しに引き継いだ政権にすべてが委ねられたわけだが、これとて現政権が具体的な成果を出していかない限り、国民に見捨てられる日がくるのはそう遠い日ではないと思われる。安倍政権がダメ振りを出し続けることがいちばん可能性のある政権交代の最短距離なのだ。

その日が来るのを手放しで喜べるか? いや手放しで喜ぶ前に受け皿となる野党共闘代表の民主党にその度量があるのか。最近、民主党の戦いに疑問を投げかけるブログ記事が目につき始めた。その迷いともとれる動向に疑問や不安を感じていると皆の意見は共通している。

だが現実は、その姿を見ているのは支持者ばかりではないのだ。これから政権奪還に必要な将来、支持者になるであろう人たちも見ているいるのだ。その辺の曖昧さをひこずったままで挑むこれからの戦いはどこまで支持を増やすことが出来るだろうか。小沢代表はこれからも野党共闘でいくことを唱えているが、それすらも共闘する他党から不信の声が上がり始めている。

野党共闘で戦いきって、たとえ敗れたとしても精一杯戦った結果であれば悔いは無い。だが主導をとる民主党が自らの不協和音や失態で自滅して負けるのは悔やんでも悔やみきれない。協力してくれる他党にも失礼だ。野党の立場とはいえ、そういう重要な位置におかれていることの自覚が民主党執行部にはあるのだろうか。

安倍さんが世襲が故にその甘さを批判されているが、その言葉をそっくり鳩山さんにお返ししたい。
いまは勝つことだけ考えて欲しい。モヤモヤと人の顔色ばかりうかがうような優柔不断なコメントや態度は旧来の自民党に愛想を尽かして小泉支持に回った人たちのいちばん嫌う政治姿勢だ。その潜在的に取り込めるであろう新たな票田となる人たちに、似たようなもの(旧来の自民と)だとか、わかりにくいだとか思われたときは、民主党の明日は無い。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 14:05 | Comment(11) | TrackBack(16) | 政治
この記事へのコメント
こんにちは、これお・ぷてらと申します。
TBを頂戴し、ありがとうございます。

>打倒阿倍政権の集(ブログ記事)が、民主党さえ政権をとればと悲願にも近い気持ちで語られ盛り上がるムードに一抹の不安を感じるのだ。

管理人さんの主張に賛成です。
たとえば、民主党にたいする期待は、この間の2つの衆院補選がピークだったような気がします。議論されていたのは選挙協力であったと記憶しますが、その際、私には2つの点が欠落されて議論されていたと思います。1つは、民主党そのものの、自民党となんらかわらない性格です。この点では、共産党が指摘するように、まさに同党誕生の経過をみても明白ですが、権力側の二大政党づくりに乗っかった政党です。これを脱したとは今もいえない。いま1つは、政党そのものの存在意義です。自らの社会的要請を明確にしてこそ政党です。ここをあいまいにしたまま選挙協力などありえないと私は考えるのです。1人を争うから野党はすべて一本化せよという主張は、正しいようにみえますが、根幹の政策が一致しないのに共闘など政党としてはありえません。少なくとも選挙政策での一致が必要でしょう。
来年参院選の目標は、護憲勢力が改憲勢力を上回ることだと考えます。野党が与党を上回ることでも、ましてや民主党が自民党を上回ることでもない。
護憲勢力が前進するこそ課題にする必要があります。拙ブログで、民主党に言及しましたが、同党への善意の期待が広くあることは否めません。しかし、同党が自民党にとってかわりうるなんてとんでもないと現状では私は考えるのです。
回顧趣味ではむろんありませんが、かつての社会党の役割を果たしうるとは私は考えないのです。私は社会党を支持したことはありませんが、それでも護憲を旗頭にした同党が、国民の期待も受け革新勢力の有力な部分であったこともまた事実でしょう。
護憲を軸にした国民的共同の構築、ここに全力をあげる必要があるでしょう。長々と書きましたが、今後とも宜しくお願いします。
Posted by これお・ぷてら  at 2006年12月26日 15:43
TBありがとうございました。
おっしゃるとおりですね。小沢さんが政界再編の蛮勇をふるうのが参院選前なのかあとなのか、またかつてのような蛮勇はふるわないのか。3番目の道は選挙民にとって不幸です。
Posted by ましま at 2006年12月26日 15:54
>その言葉をそっくり鳩山さんにお返ししたい

今晩は。
鳩山氏は政治家には不向きかな?って感じています。芸術家何かを籠もってやられれば、或いはそのパトロンに徹すれば、もっと人気が出るのかなって・・。

政治家は山師というか、ハッタリや冗談、泣き、つまりは
スゴ~イ芸人やないと、つとまりマへンから。
幹事長職は 裏方か? 役者か? 
この辺が民主党の欠点では?
Posted by at 2006年12月26日 18:14
名を入れ忘れ↑ました。
Posted by ivanat at 2006年12月26日 18:15
TBありがとうございます。

>野党の立場とはいえ、そういう重要な位置におかれていることの自覚が民主党執行部にはあるのだろうか。

ついこの前まで、「もう野党と呼ばないでください」と言っていたくらいです。期待する方が、どうかしてるんでは?
今一番大事なのは、現憲法を守るのか、それとも変えるのかではないでしょうか。それが政治家、政党を見るときの判断基準ではないでしょうか。
なお、民主党に関する次の2つの拙ブログ記事をご覧いただければ幸いです。
・改悪教基法成立に寄せて(続き×3)
http://www.orangeback.net/?p=161

・改悪教基法成立に寄せて
http://www.orangeback.net/?p=157
Posted by ニッパチ at 2006年12月26日 20:18
TBありがとうございました。
民主党を国民が乗り越えるには、民主党自身が語る言葉と行動の事実を国民に示し、なおその上にその事実が示している民主党の本質について語ることではないでしょうか。
国民は、いまの政治を何とかしてほしい、という思いが強いだけに、即戦力を求めている。
しかし民主党には即戦力はおろか、一歩の前にすすまないことを事実を通して理解してもらうしかない。時間がかかっても。
Posted by 田中克美 at 2006年12月26日 22:52
>「あの岸まで泳ぎ着ければ」とか「あの山さえ超えれば」

まさに今は、そういう状態ではないでしょうか?
今は溺れており、その岸以外の希望は何も見えません。
それともちょっと冷静に傍を見れば浮木があるでしょうか?背が立つでしょうか?
岸に泳ぎ着いて、それで初めて道を選び、歩き始めることができる、と多くの人が思っているのでは。
諦めて泳ぐ手を止めれば溺れるだけです。
まず民主化。民主主義でヒトラーを選ぶかもしれないけれど、諦めてこのままでは地獄へまっさかさまだ、という危機感では?

ちなみに民主党を見捨てて民主化を求めるなら、少なくとも一時的に自民党が小選挙区全議席の圧倒多数を取ることを容認する必要があります。
詳しくは拙ブログの
http://dnkqs.blogzine.jp/di/2006/12/post_eb93.html
にて。
Posted by Chic Stone at 2006年12月28日 23:20
お久しぶりです。ご挨拶に来ました。
今年一年間、ゲゲゲのイチローさんにはお世話になりました。
らんきーブログの最初の頃からのお付き合いをさせていただいた貴重な一人です。
また来年もご指導宜しくお願い致します。

よいお年をお迎えくださいませ。
Posted by ぶいっちゃん at 2006年12月31日 10:32
ゲゲゲのイチローさん、こんばんは。

さきほどメールを差し上げたのですが、戻ってきてしまいました。
変ですね〜。(^_^;)

私は人間がフマジメなせいか、落胆することはあまりありません。
たいていの場合「まあ、仕方ないかなあ」と思ってしまうのです。
自分がダメ人間なので、人にも期待しないのですね。
でも、前原誠司民主党全代表クラスになると「やっぱり許せん!」という気持ちになります(笑)。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
よいお年を!
Posted by 喜八 at 2006年12月31日 20:22
こんにちは、その通りだと。民主党はバラバラだと言われて久しいが、足の引っ張り合いしてる場合じゃあないっすよね。一般国民は何に怒っているのかすらわかってないようなバカ議員が存在する。どうせ、選挙の時だけ我慢してがんばってるフリしてりゃあいいとでも思ってるような輩が存在する。よーく見ときましょうよ。別に無関心でもいいよ、苦しむのは国民本人だからねえ。特に「社会的弱者」って言われる人間。しかし、この中にも弱者の見方のフリした政治屋に騙されてる人間が多いが。
 悪い中でも、見る目を養い、よりマシな野党共闘でまず政権交代させるしかないでしょ。悪い政府を交代させる権利が国民にはある。
Posted by at 2007年01月12日 16:57
文字化けしてしまいましたがTBさせていただきました。
Posted by 東つよし at 2007年01月13日 19:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30312449

この記事へのトラックバック

マグロ消費と環境(中−3)
Excerpt:    (副題:市場・環境・貧困・農漁業)  12月15日に(中−2)を出して以来、しばらく「マグロ消費と環境」を中断してしまった。「『強盗団』は庶民の『心』へ侵入」(12月17日付け)によって「改正教..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-12-26 15:08

マグロ消費と環境(中−4)
Excerpt:  (中−3のつづき)     (副題:市場・環境・貧困・農漁業)  また、「貧困の中身」(ブログ「関係性」10月2日付け)は、7月のOECD(経済協力開発機構)報告の日本の貧困率が先進国で二位になった..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-12-26 15:09

国民投票法をめぐる「民主党の限界」
Excerpt: 2人の対談からはじめたい。 杉 国民投票法案に関する主要な論点は何でしょうか。長 まずは、国会での発議から国民投票まで、一定の熟慮期間を置く必要はないか。それから、改正案を一括して投票にかけ..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2006-12-26 15:45

民主党の限界 2
Excerpt:  前々回、民主党の「政権政策の基本方針」(以下、「同方針」)を疑問とする記事を上
Weblog: 反戦老年委員会
Tracked: 2006-12-26 16:00

正解の無いブログ論 
Excerpt: お気に入りに入れているブログや相互リンクのブログは出来るだけ毎日見に行くようにしている。忙しさのあまり見逃してしまう事も多々あるが^^; 同じような記事を取り上げても切り口が全く違ったり、違う視点か..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-12-26 17:03

教訓(3)野党共闘〜民主党の正体と働きかけ方
Excerpt: 教育基本法改悪「反対」運動の教訓シリーズの3回目。今日は野党共闘について。で、民主党っていったいどうよ、というお話。今日は転載・引用が多く長めのエントリーだがお許しを。「民主党が信用出来ない」というの..
Weblog: あんち・アンチエイジング・メロディ
Tracked: 2006-12-26 18:12

日本の民主主義の成熟度採点しよう 5
Excerpt: 25日、午後、車で外出中に4名の死刑囚に刑が執行されたことをニュースで知りました。  4人を「一度に処理」か! 思わず、背中のあたりがぞーっとします。こわい政治だなあ、アベ内閣の性格をよく物語っている..
Weblog: とむ丸の夢
Tracked: 2006-12-26 19:24

[朝日新聞]言論の覚悟 ナショナリズムの道具ではない
Excerpt: 言論の覚悟 ナショナリズムの道具ではない(朝日新聞コラム風考計2006/12/25) http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200612250160.html..
Weblog: +++ PPFV BLOG +++
Tracked: 2006-12-26 22:14

センセイ アレコレ2『方法論的自覚』第2稿
Excerpt: 注[オマケで、「姉歯」判決・・あり。] なんとも硬~い『お題』を付けてシモウタと、ややコウカイしています。 (とはいえ、下品な詩を書いたりしませんし、全て『見せ』れます。) さて、どう展開してイコ..
Weblog: いわいわブレーク
Tracked: 2006-12-26 22:38

安倍批判はお休み?
Excerpt: これまで弊ブログでは安倍晋三氏を叩きに叩いてきました。 「破壊的カルト」として悪名高い「世界基督教統一神霊協会(統一協会)」が主催する集団結婚式に祝電を2回も(!)送っていた 特筆すべき業績も..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-12-28 20:47

続々・とくらさんを応援します
Excerpt: 首相の地元では街頭演説を=参院選候補に選挙戦術指南??小沢民主代表  民主党の小沢一郎代表は26日午後、来年夏の参院選に選挙区から出馬する新人候補18人と党本部で個別に面談し、選挙戦術を指南..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-12-30 10:28

2006年を振り返って(1) ?? 民主党のUP-DOWN-UPとブログの可能性 ??+共謀罪の新情報
Excerpt: *******************************************************    まずは、この1年、ブログ読んで下さった方々、コメントやTBを下さった方々、 ..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-12-30 13:07

みんな、ちゃんとそこにいるんだね。
Excerpt:  今年中にどうにか更新したいので、ちょっと酔っ払いだけど、PCの前に座りました。でも、なんて書けばいいのか・・・、ちょっと緊張してしまい、いろんなところにお伺いして、うろうろしていたら、懐かしい玄耕庵..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2007-01-01 01:16

新年の挨拶
Excerpt:   寒中お見舞い申し上げます  昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。  義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る姿を見、その後の89歳までの老人福祉施設..
Weblog: 関係性
Tracked: 2007-01-07 17:16

選挙共闘で思うこと
Excerpt: このところ政治を扱うブログで、参移??婆酖泙料??鷆ζ??魑瓩瓩覽掴世??个討い泙后D絞犬任垢??笋了廚Δ海箸鮟颪い討澆泙后??
Weblog: ときどき日記
Tracked: 2007-01-13 19:40

究極の三択
Excerpt: 保守・革新問わず政治に関心を持ち、現状に不満なブロガー、いや全ての人へ。まず不満
Weblog: 枕元の計算用紙
Tracked: 2007-03-13 07:53

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。