石橋を叩いても渡らないかも?: わかりやすい質疑、わかりにくい応答 (訂正版)

2006年11月23日

わかりやすい質疑、わかりにくい応答 (訂正版)

きのうの夕方、気の向くままさんのブログが更新したとRSSリーダーがシグナルを送ってきたので、気の向くままさんのブログまでちょっとお出かけしてみました。

参議院質疑応答(教育基本法)の国会審議というタイトルで、いま見たテレビ中継のことを記事で書かれてました。本文のメッセージが活きていて興味をそそられ、さっそくインターネットの参院中継にクリックしてみたのですが、まだ収録中だったので、記事に書かれてあった連舫さん(民主党)の場面は収録完了まで待たないと見れないので改めて後ほど見ることにしました。

renhou2.gif夜半になって手が空いたので、さっそくクリックしてビデオライブラリーを開いてみました。
7時間27分に及ぶ長いビデオなので前半はすっ飛ばし、連舫さんの質疑応答場面が出てくるところまで画面を先送りしました。連舫さんのことは、どこかのアナウンサーだったこと位しか知りません。そういう意味では先入観を持たないで冷静に見ることが出来ました。

彼女の質疑の鋭いこと、すごい。。あの老練な閣僚たちがタジタジなのです。彼女の言葉は聞いていても簡単明瞭でわかりやすいのです。それでいて的を外さないから政治用語オンリーのわかりにくい答弁しかできない大臣や官僚たちがまるでバカみたいにみえます。それも意味不明瞭な答弁をオウムのように繰り返すしかない姿はおおいに笑えました。

安倍さんなんかビビってしまって、指名されても腰が引けて椅子から立ち上がれないのです。とっさに議長が代わりの大臣を指名して、その場を取り繕うとしたのですが彼女はそれを許さない雰囲気です。しかたがなく大臣の後に改めて答弁するということで納得させたのですが後出し答弁は楽ですよね。先に述べた大臣の言葉をなぞればいいだけなんだもの。こんなのあり〜?

いよいよ質疑応答は佳境に入ってきて、もうこうなると一方的に彼女の独壇場。質問内容もしっかりと裏付けがとってあるからブレないのです。これと対照的に政府側はまともに答えられないのです。安倍さんなんかバカのひとつ覚えみたいに「ただいま調査中なのでわかり次第しかるべき処置をとりたいとおもいます」というようなことを繰り返すばかりです。

このやりとりを見ていて気がついたのは、連舫さんのわかりやすい言葉に対して、政治用語しか話せない大臣たちの言葉との違いです。これが国民に政治は難しいもの、わかりにくいものという印象をうえつけているのだと気がつきました。

これは与党側に限った話ではないのです。政治に関わるすべての議員に言えることです。彼らは日常用語で話すことはプライドが許せないのでしょうか。それとも議員になるとそういう言葉しか使ってはいけないという決まり事でもあるのでしょうか。

もうひとつ気がついたことは答弁の言葉の語尾が決して断定的なかたちで締めくくっていないことです。これは後になって答弁に矛盾が出たときにどうでも逃げられるように言葉の解釈に巾を持たせているとしかおもえないのです。そのあいまいさが国民に政治家は言い逃れや嘘を言う人種だと先入観を持たせてしまうのでしょう。

小泉さんがいつもワンフレーズでわかりやすかったのと、言葉の語尾はいつも「・・します」「・・です」と断定的な言葉で締めくくっていたことを思い出しました。ひとははっきりと日常用語で言い切る言葉には耳にも心地よく頼もしく正直に感じるのです。だから若い人たちに人気があったのかもしれません。

きのう、らんきーブログさんも記事で書かれていましたが、国民の位置まで立ち位置を下げることはプライド以前のことです。それは決して恥ずかしいことではないのです。わかりやすい政治を心がけることこそ、国民の期待に応える真の政治家だとおもうのですがどうでしょうか。

(おまけ)
きのうの楽しい連舫さんの質疑の様子を見たい方はコチラ ↓
2006年11月22日  教育基本法に関する特別委員会(参議院)・ビデオライブラリー
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
録画時間が長いので先送り(早送り)して見てください。ニュースでやっていたタウンミーティング会場経費でのエレベーターボタン2回押しただけで日当1万5千円のやりとりも見れますよ。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:26 | Comment(3) | TrackBack(7) | 政治
この記事へのコメント
こんばんは。
幸運なことにリアルタイムで観られました。凄かったですね〜歯切れがいいのなんのって。あれぞ・・クレバーな議員さんです。ぴか一ですね。ず〜っとたって、民主が政権とって彼女が総理大臣になっている姿を想像してしまいました。気が早いですかねぇ?(笑)でも、そんな器だと思いました。短いけど、その感動をすぐに記事にしましたから。(爆)
Posted by ココロ at 2006年11月24日 00:46
コメントを有難うございました。
あの日の質疑応答は可也の方がご覧になっていたようですね。
難しい言葉でしか国民向けに言えないのは、本当の中身がばれない様にとの狡すからい方便だと思います。
Posted by una at 2006年11月24日 16:34
今晩は。

>エレベーターボタン2回押しただけで日当1万5千円のやりとりも見れます・・

とおっしゃっていたので、観ました。で

「連舫質問開始から」の美味しいとこ
纏めてみました。↓

20分頃「安倍官房長官時代の責任問い糾す」
22分頃 目泳がせて答える安倍。「結果」責任で逃げつつ?でも目が泣いてる。
26分頃 塩崎が助け舟。謝礼は「意見」依頼したことへの謝礼。「やらせに」ではない?!
32分頃 EVのボタン、送迎とか細かい項目何故?

ふーん、いいじゃん、と思いました。
紹介、ありがとさんでした。

ではでは。
Posted by ivanat at 2006年12月26日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

野党共闘は野党低頭から^^
Excerpt: 民主、共産、社民、国民新の野党四党が本会議採決に欠席していた衆院教育基本法特別委員会では与党が単独で採決した。しかし今日二十二日、審議拒否を続けていた野党が審議に復帰し、教育基本法改正案に対する参議院..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-11-24 01:00

やはり教基法改正はアブナイ!+TMトンデモ経費+共謀罪注意+ 復党交付金+石原都政私物化?など
Excerpt: 今回は、「教育基本法改正の22日の参院審議に関して」を中心に書くと共に、気に なるニュースもいくつか付記したい。 <「TMのトンデモ経費」「自民が共謀罪の審議の提案」「復党問題の続報」「石原 都..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-11-24 16:50

飲酒運転
Excerpt: 依然として飲酒運転による人身事故・死亡事故が日本全国で絶えません。交通事故により亡くなった方のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご家族・近親者の皆様には衷心よりお悔やみ申し上げます。 ..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-11-25 13:04

伊吹文科相の恐ろしい発言
Excerpt:  看守がブログで受刑者の個人情報を流していたとか・・・こんなことが平気で起こるのに、裁判員制度で個人情報が保護される保障はあるのでしょうか・・・? さて、本日はお世話になっているヤメ蚊さんのブログか...
Weblog: 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
Tracked: 2006-11-25 20:44

共謀罪はこの世の終わりの始まりだ
Excerpt: 共謀罪が明日辺りからの国会できな臭いようですね。 【転載歓迎】共謀罪・選挙が終わって遂に牙をむいた寝たふり与党 共謀罪、与党理事ら「審議入り」を提案(追記あり) 上記の保坂さんの記事によると..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-11-26 18:03

蟻の兵隊
Excerpt:  横浜でドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見て、軍隊組織とそこで蹂躙されてきたきた兵隊、そしてその兵隊の中国(山西省)での残虐行為を背負いながら、元日本兵の大戦後の残留命令で痛手を負う老人に日本国家は..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-11-26 21:05

左ということ
Excerpt: 知り合いの若い人の知人が私のビラを見て、「この人はだいぶ左だね。」と言ったそう
Weblog: 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
Tracked: 2006-11-29 20:52

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。