石橋を叩いても渡らないかも?: 沖縄知事選を終えて

2006年11月20日

沖縄知事選を終えて

沖縄県知事選、野党連合が与党連合に敗北したという結果に終わってしまいました。
この結果に対してみなさんはどう受け止めていらっしゃるのでしょう。

負けた負けたと悔しがる前に、冷静な分析が必要です。感情論だけでは選挙は勝てません。その原因をあらぬほうに向けて、それをいってどうなるというのですか。前回のブログでも書きましたが、主権者は国民にあるのです。結果的には民意を受け止められなかったということでしょう。これが実社会だったらどうです。ひとが良いだけで世間を生き残っていけますか。

okinawachiji.gif選挙結果の分析をわたしなりにしてみようと思います。基地問題を前面に出して支持を訴えた糸数さんは、その件に関しては圧倒的に支持を受けています(84パーセント)。ただし、地元経済の活性化に関しては仲井氏のほうが糸数さんを倍以上の支持を取りつけています(67パーセント)。
このグラフは何を投票の決め手にしたのかという投票所の出口調査なので支持率と得票数はつながりませんのであしからず。

グラフには書きませんでしたけれど、今回の選挙は政党で選んだひとは32パーセントで、過半数の有権者(60パーセント)は党よりも人で選んでいます。与野党双方とも連合なのでこれは無視してよいでしょう。
各党別支持者はいずれも自分の党が推薦した候補者を80〜90パーセントの人が投票しています。

無党派層がどちらに入れたのかがいちばん関心のあるところですが糸数さんに63パーセント、仲井氏に35パーセントなので、糸数さんはよく健闘していると思います。

日本でいちばん失業率の高い沖縄県の県民にとっては、基地問題の将来よりも目の前の明日のコメ代でしょう。これは基地問題に関心がないのではなく、それ以上に日々の暮らしが切実な関心事だということです。

仲井氏はその辺を基地問題も含みを持たせながら、実生活につながる地元活性化の政策を前面に出してきました。いわば作戦勝ちです。

話しはとびますが、同日におこなわれた福岡市長選で野党推薦の候補が与党現職市長に勝ったのも、ある意味では未来のオリンピック誘致構想よりも、目の前の市の赤字財政をどうするかというほうが市民にとって切実な問題だったのだと思います。

戦う背景や生活環境の違いこそあれ、どちらにも共通することは住民にとって遠大なビジョンよりも関心は現実的な目の前の問題でしょう。

バカのひとつ覚えみたいに何度も言いますが、民意を汲み取ってこそ勝利の道は近づくのです。押しつけの夢よりも明日の現実です。
冷静な一部の政治ブロガーの方たちは、落ち着いた意見を述べられています。負ける悔しさで落ち込むのではなく、それをバネとして次の戦いに挑むことこそ真の戦い方だと思います。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 20:34 | Comment(1) | TrackBack(14) | 政治
この記事へのコメント
ゲゲゲのイチローさん、TBありがとうございます。
私が書こうと思っていたうちの片面を、先に言われてしまいました(^^;;
いずれ書くつもりですが、基地の問題を「現実的な目の前の問題」と結びつけることが十分ではなかったのではないのだろうか、と思っています。勝手な想像ですが。。。
あなたの出されたグラフ、こういうの、あるいはその元データを探していたのですが、つかわせていただきますね。Thanks.
Posted by ニッパチ at 2006年11月20日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27888521

この記事へのトラックバック

糸数さん、お疲れさまでした
Excerpt: 沖縄県知事選(2006年11月19日投票開票)で、糸数慶子候補(沖縄社会大衆党・民主・社民・共産・自由連合・国民新党・新党日本推薦。そうぞう支持)は惜敗しました。 糸数さん、支援者の皆さま、..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-11-20 21:30

選挙の際は「連れ連れサギ」にご用心
Excerpt: 昨日の沖縄知事選は残念な結果でした。 野党共闘の手応えはどうだったのでしょうか?負けたのは結果としてしょうがない。 今後に繋がるような何かはあったでしょうか?それが大事だと思う。 何でも期日前投..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-11-20 21:33

沖縄知事選 思うこと
Excerpt:  今回の沖縄知事選の結果について、つらつらと考えていたところ、私の考えていることの半分、いや、片面を、ほぼ表現しているTBが送られてきた。ゲゲゲのイチローさんの「石橋を叩いても渡らないかも? 」だ。 ..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2006-11-20 23:16

決してあきらめない
Excerpt: 前回の記事「シュプレヒコール」にコメント下さったひまわりさんのひと言 権力者は我々があきらめるのをニヤニヤしながら待っている・・・。ある小説の一文です。このブログに来ている皆さんは、もうあきらめます..
Weblog: お玉おばさんでもわかる政治のお話
Tracked: 2006-11-20 23:17

沖縄知事選の結果を受けて ?? ここが踏ん張りどころ。まずは、野党としての気概と役割を示せ!??
Excerpt:     沖縄知事選は、自民、公明党が推薦した仲井真弘多氏が勝った。  確定投票数は*1に記すが、仲井真氏が約34万票だったのに対し、オール野党の 推薦候補だった元参院議員の糸数慶子氏は約30..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-11-20 23:22

野党共闘は間違っていない!
Excerpt:  沖縄の選挙の結果から、ついつい感情的な投稿をしてしまいました。いつものことだけど、少し反省。(笑)目に入ったブログへ手当たり次第にTBをお送りして、当り散らしましたが、冷静な方々の分析を読んだり、テ..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2006-11-21 10:13

教育基本法「改正」案:本音バージョン
Excerpt: 成城トランスカレッジ!さんの教育基本法「改正」案で遊びませんか、のお誘い。が楽しそうなので、私もやってみました。教育基本法「改正」案の与党側の本音はこんなもんじゃないかなと。青字が追加した部分です。 ..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2006-11-21 11:06

◆沖縄県知事選挙・福岡市長選挙 衆院小選挙区別の各候補得票と寸評
Excerpt: 沖縄県HP 市町村課 沖縄県知事選挙 http://www3.pref.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=38&id=12838&pa..
Weblog: 例:にしんを食べると怒らない
Tracked: 2006-11-21 11:22

反動の嵐が吹き荒れようとも
Excerpt: 11月20日のハンギョレ新聞に掲載された高橋哲哉教授のコラムです。 これまでの高橋教授のコラムは希望が見出せるような一文で締めくくられていることが多かったのですが、さすがに今回はちょっとブルーが..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2006-11-21 18:18

道徳の授業教材(その1)
Excerpt: これは実際に小学校低学年で使われている道徳の教材です。 皆さんならどう答えます? ぽんたは病気で寝ているおかあさんだぬきに柿を食べさせたくて、一日中探してやっと柿を1つみつけた。木に登れないぽんた..
Weblog: お玉おばさんでもわかる政治のお話
Tracked: 2006-11-22 09:23

さまざまな地方選挙
Excerpt: 昨日は各地で知事選、市長選が行われたので、それについてコメントを付していこう。 沖縄県知事選挙・仲井真弘多氏(67)=自・公推薦、新人。初当選。沖縄経済界の重鎮が、野党統一候補の糸数前参院議員らを破..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2006-11-22 10:27

沖縄知事選に希望
Excerpt: 沖縄知事選 結果 県民は新基地認めていない メディアも指摘 糸数氏31万票、大健闘 たたかい これから(しんぶん赤旗2006/11/21) http://www.jcp.or.jp/akahata/a..
Weblog: +++ PPFV BLOG +++
Tracked: 2006-11-22 21:14

『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル
Excerpt:  以前のブログで「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上)(下)」を掲載した。この中で、「円安誘導」は政府が大量の税金を使って外貨買いを行った成果であることを述べた。 他方で、ここ数年に銀行の「外貨..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-11-23 14:59

沖縄県知事選に寄せて
Excerpt:  先週日曜日に沖縄知事選で自民・公明推薦の仲井真氏が当選した。これを受けて何か書かなければな、と思いながら1週間が経とうとしている。もちろん、糸数候補の敗北は素朴に「残念」と思うし、この期に及んでこ..
Weblog: モジモジ君の日記。みたいな。
Tracked: 2006-11-26 00:17

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。