石橋を叩いても渡らないかも?: オーマイニュースに微かな望みが

2006年11月13日

オーマイニュースに微かな望みが

ブログって続けていくだけでも体力いりますね。あんまり裏付けのないいい加減なことも書けないし、そうかといって何も思い浮かばなかったら、つい想像だけで書いてしまいますね。わたしは小心者だから、あとで読み返すと自己嫌悪に陥ることはたびたびです。

あのニューメディア・オーマイニュースの鳥越編集長の記事が炎上しています・・というタイトルで記事を書きかけていたら、急用が入って不用意にPCのスイッチを切ってしまった。あっと思ったときはすでに遅し、全部消えてしまった。

そもそもの発端は双方向性を生かした市民参加のニューメディアというふれ込みでスタートしたのだが、2ちゃんねる掲示板よろしくバンバン批判コメントが返ってくる。ある程度は想定されていたことだけれど想像以上の書き込みに、気の弱い市民記者だとおじけづいてしまって投稿を控えてしまう。だからある方のデーターによると登録数が伸び悩んでいるとのこと。主宰者の思惑どおりことは進んでいないようだ。

それでこのたび規約改定予告を鳥越編集長名で掲示した。とたんに膨大な数の批判コメントが寄せられて、もはや炎上状態。これまでの編集部の対応のまずさが真っ先にやり玉にあがってしまった。杜撰といえば杜撰なのだけれど、最初の主旨が誰でも参加できるということだったからいまさら取り下げることも出来ず、結局は一部、コメントに規制をかけようということらしい。納得のいかない人は去っていってしまう。

その膨大なコメント読んでいて、せっかく既存のプレスでは出来ないことに挑戦するニューメディアだと期待していたのに早くも頓挫かという雰囲気なので、最後に恨み節のひと言ぐらい書いてやろうと書きかけていたところだった。(わたしは参加していないのでマイブログにしか書けない)

一夜明けて消してしまった文面の記憶をたどりながら書かねばならないので再度コメント欄をのぞいてみたら、きのうにもまして数が増え続けている。このあたりぐらいがきのうの続きだろうと読み始めたら何故かあれほど批判の山だったのにきょうのコメント欄は様子がおかしい。(じつはわたしの勘違いで前日アクセスランキング1位の記事だから同じ記事だと思って、いきなりコメント欄から読み始めたから記事そのものが前日と変わっていることに気づかなかった)

それは、ある一市民記者のかたの記事に寄せられたコメント欄だった。そのかたの記事は自分が初めて市民記者をやってみようという動機の説明から始まって、最初に掲載された記事がケチョンケチョンに批判されて惨めな思いをしたこと。でも気を取り直して指摘された至らぬ点を改めながら再度書き続けていったこと。厳しい批判が自分を磨き、支えていったことなど感謝の気持ちを込めて書かれていた。

あれほど辛口のコメント常連の連中が彼女の記事に対して誰一人批判をあびせることもなく、まるできのうの嵐がウソのように静まり、皆、賛辞の言葉に変わっていった。そして厳しい言葉を発していた彼らも胸襟を開き、オーマイニュースの未来について真剣に語り始めた。

今回、わたしが学んだことは、厳しい批判を卑屈に受け止めていじけるよりも、彼女のように傷つきながらでも自分の至らぬところを謙虚に反省し、再度挑戦してみるその姿勢が、あの怖い常連の批判ギャラリーの心をも解かしたのではないかと。なんだか読んでいて鬼のあつまりが、いつのまにかみんな福顔になっているようなこの光景は、コミュニケーションの難しさと優しさの両方を同時に見たような気がした。

(追記)オーマイニュースの記事は2日ぐらいで消えてしまうみたいなので、念のためその市民記者さんのお名前と記事タイトルを書いておきます。お名前は長島美津子さん、記事タイトルは、* 同じ「市民記者」の方々に問いたい * です。オーマイニュース内の検索欄で出てくると思います。
(追記)
”同じ「市民記者」に問いたい”の記事  

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 23:54 | Comment(4) | TrackBack(7) | ニューメディア
この記事へのコメント
TB&コメントありがとうございました。
韓国を旅して分かったことは、韓国と日本の『気質』は明らかに違うということです。よって韓国型のインターネットニュースをそのまま日本に持ち込んだら、当然失敗するでしょう。
今は試行錯誤の時期。一年ぐらいは見守る必要はあるでしょうね。
Posted by KUMA0504 at 2006年11月15日 00:31
TB有り難うございました。御礼が遅くなり申し訳ありません。
ネットの仮想世界と言っても結局は人と人のつきあい、不器用なようでも日頃の自分の人への接し方を貫くしかないとよく思っていましたが、勇気づけられるような記事でした。
>鬼のあつまりが、いつのまにかみんな福顔になっているようなこの光景
いいですね。
Posted by panta at 2006年11月18日 12:49
ゲゲゲのイチローさん、はじめまして…では無いんですが。本当は。
こちらのコメント欄にお邪魔するのは初めてになります。
猫だぬきと申します。改めて、よろしくお願いいたします。
同じテーマの記事を見つけたので TBさせていただきました。
人って面白いですね。
弱いように見えて強かったり、強いように見えて弱かったり。
私は「人」が大好きです。
またお邪魔させていただきます m(_)m
Posted by 猫だぬき at 2006年11月25日 13:32
なぜかTBが飛ばないので… (;_;)
こちらに URL を貼らせていただきます。
(図々しぃ〜っ!)
http://plaza.rakuten.co.jp/ks4neko/diary/200611140001/

失礼いたしました。m(_)m
Posted by 猫だぬき at 2006年11月25日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログ共闘&野党共闘 それは誰の為?
Excerpt: 今日もしつこく耐震偽造問題の告発で勇気を持って頑張っている藤田東吾社長の記事を書こうと思ったがイザヨ・ベンダソンさんの素晴らしくわかりやすい記事を読んだら私が書くよりも貼らせて頂き多くの人に見に行って..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-11-14 10:29

タウンミーティングやらせ問題について記事を拾っておく
Excerpt: 教育基本法改正論議に根本的な問題を提起した「やらせ問題」である。 暴露したのは日本共産党石井郁子議員だ。 教育基本法改正には反対しながら何故かこのことは取り上げない「反共リベラル派」の方も多いようなの..
Weblog: +++ PPFV BLOG +++
Tracked: 2006-11-16 02:01

円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下)
Excerpt:  (上)で〓意識的な円安誘導と〓企業減税への世論操作を述べてきた。  〓の概要は大量の税金を使って円安を誘導し、大手企業の収益増大を支えた。そして、〓の概要は未曾有の収益を上げた大手企業に対して大量の..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-11-16 09:14

まだあきらめるわけにはいきません。
Excerpt: トラックバックの通りがやたらと悪い(エキサイト以外のブログでも“不具合”が多発しています)ので、ブログの力が発揮できませんが、できることはじゃんじゃんやっていきましょう。 以下、kuroneko..
Weblog: 薫のハムニダ日記
Tracked: 2006-11-16 13:45

眠り猫「平和ブロガーの連帯」の成功のため
Excerpt:  「教育基本法改正案」が衆院を野党の欠席の中で強行通過を果たした。  この怒りを早くから感じ取り、それへの対抗手段は選挙による与野党逆転である、とする眠り猫さんの行動力に敬意を評し、尚且つ、私の行動力..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-11-17 12:59

私の右翼が吠える時
Excerpt: 現在完了形や現在進行形の話なので詳しくは書けませんが、複数の方の認知症と、臨終に
Weblog: 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
Tracked: 2006-11-18 20:47

野党共闘を後退させるな
Excerpt:  昨日の沖縄知事選で、反自民党・公明党の野党共闘の糸数慶子氏が敗北した。  この結果に対して、各新聞等での論調は様々であるが、自己主張の強い政党の「寄り合い所帯」(11月20日付け朝日新聞朝刊)連合は..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-11-20 14:36

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。