石橋を叩いても渡らないかも?: きょうはあなたもプロ並みショット(運動会編)

2006年09月23日

きょうはあなたもプロ並みショット(運動会編)

きょうは晴天に恵まれ、市内各所で運動会。
少子化とはいえ、我が子や孫の晴れ舞台を見に朝から会場へ向かう家族連れが目立った。

unndoukai.gifそこで写真撮影チョットだけヒント!
本当は我が子だけ写ってれば満足なのが大半なのでアドバイスなんか無意味なのだがそこをあえて、より向上心のある方向けにお節介させて頂きます。

撮るのは我が子の出番だけだから、それ以外のプログラムはすべて無視OK!
ただ絶対に心しなければならないのは、すべての競技が一回ポッキリ(参加場面)だからベストショットを押さえようと思ったらカメラポジションが大切。

かけっこののように何組も出る競技なら我が子以外の組の時にカメリハ(練習撮影)するのがいいかも。デジカメなら実際にシャッター押してみてもいい(後で消せばいいのだから)・
フィルムカメラならファインダーを覗いてフレーミングを事前に確認するだけでも出来上がりが違う。しろうとで意外と多いのが出来上がりが豆粒のように小さく写って鑑賞に堪えれないケースがあるからだ。そのためのカメリハ。おのずとポジションが決まる。(学校や幼稚園によっては父兄はトラック内に入れないから注意)

それとスタート時とゴール間近では競技児童のバラけ具合違うから臨場感重視ならスタート時、我が子だけでいいのならゴール間近。幼稚園児はスタート時のほうが無難。

もし、観客席最前列が確保できたのなら腰を落として片膝立てて両脇引きつけてカメラ構える方がブレにくい。(三脚が理想的なのだが現実的でないので慣れた方以外にはお勧めできない。)
あとスピード感の無い競技は競技中にどんどんポジションを変えていくのも一つの方法。
(写真は京都新聞より)

まだ色々とカメラワークはあるのだが、長くなるので今日はここまで。
もし、その他詳しく知りたい方はご質問承ります。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
え?もしかしてイチローさんはカメラのプロなんですか?
すみません!よくわかってなくて^^;
学校によっては三脚はだいたい×ですね。
しかし、最近はなんでも便利ですね。デジカメなんかも
すっごく多くメモリーできるし‥。
Posted by ココロ at 2006年09月25日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。