石橋を叩いても渡らないかも?: 正義は勝つ(本当なの?)

2006年09月21日

正義は勝つ(本当なの?)

プライベートな時間が少なくなってブログを閲覧する時間も貴重な状態なので、とうとうRSSリーダーを入れてしまった。100パーセント満足というわけには行かないが、とりあえず時間短縮にはなっている。

あいかわらずオーマイニュースはアクビの出るような記事ばかりなので、少々鼻についてきた。皮肉なことにコメント欄のほうがおもしろい(品のいい○チャンネル掲示板というところかな)が、前途は暗い。おまけにRSSリーダー非対応だから、このまま行くとほんとうに見なくなるかも。

マエ振りはこれくらいにして、実は自動魚捕り装置(RSSリーダー)を設置して、かかってきた獲物を品定めしていたら、ちょっと気をひかれる記事にあたった。ツカサネット新聞というサイトでカテゴリーが「生活>笑い・感動」の中の時の流れに身を任せさんのお笑い小説にブチ当たった。

これがすこぶるおもしろい。ただおもしろいだけでなくてネタの裏付けもしっかりしててエスプリの効いた社会批評になっているのだ。おもわず、さかのぼって投稿記事を全部読んでしまった。最近、政治ブログのワンパターンアジテーションに、いささかうんざりしていたわたしには、とても新鮮に感じられた。

いまの世の中になんとなく危機感を感じて来ている人たちは大勢いると思う。だけどそれを叫ぶ運動家たちや政治ブログは賛同者を除いた、その他大勢の人たちに自分がどう見られているのか、もう一度自分たちの姿を振り返ってみて欲しい。

先日お玉さんの記事にも書かれてあったが,受け手(聞き手)の視点に立つことも必要だと思う。意見を述べるときに自分中心の表現になりがちなのは誰でもだが、その意見を受け入れてもらえないと、やれB層市民は意識が低いだとか平気で相手を見下して言う人がいる。

そんな見下された人たち(B層市民)でも、それぞれがしあわせでありたい気持ちはみんなと同じように持っている。その人たちからみれば、何言っているのかわかんない人相の悪い(ネットだから見えないか?)オルガナイザーより、ソフトなイメージの安倍さんのほうがと、どうせ中身がわからない同士なら見た目のいいほうにいくのじゃないかな。
スーパーの食品売り場で曲がったキューリよりまっすぐなキューリがよく売れる。生産者からすれば中身は変わらないのにと思っても選ぶのは消費者だ。そういうイメージでしか現象を捉えない、どうしようもないオジサンやオバサンだってみんな一票もっている(しあわせになる権利はある)。

ビジネスの世界でいえば自分の立場をよりブランド化して顧客を惹きつけることで成功しているパターンもあるけれど、それは全体からみればごく一部のユーザーを相手にしている場合に限っての話である。自分の主張は正しいと信念持っていても、お店のかまえがレクサス売っている風なら、軽自動車でいいと心に思っている人は最初からお店に入らないでしょう。

民主主義ではそれぞれの思いが反映されるための手段は選挙。
軽自動車に乗る人も一票。ベンツ乗る人でも一票。歩くだけの人も一票。自分のショップ(主義)に買い物来る客だけ相手にしてたら、結果は所詮それだけのものなのだ。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(4) | ニューメディア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24164554

この記事へのトラックバック

ENJOY 楽しんで!
Excerpt:  さっき、打ち合わせが終わって帰ってきたばかりですが、帰る前に小力に寄ったら、昨日、小泉さんを主人公とするドラマをみてしまい、あれはどういうことだ、と大将が怒っていました。お客さんも怒っていて、そこに..
Weblog: とくらBlog
Tracked: 2006-09-22 07:49

「再チャレンジ支援」と「IT促進システム開発」は、安倍晋三の"打出の小槌" @相場のわからんシステム費用は新手の利権政治の温床
Excerpt: これも気をつけよう 「再チャレンジ」と「ITなんちゃら」とつけば"晋三予算"が通っちゃう 敏感な官僚頭は既に入れ食い! 概算要求は「再チャレンジ」のオンパレード ITベンチャーは、安倍晋三..
Weblog: ぬぬぬ?
Tracked: 2006-09-22 22:36

右翼とライトさん
Excerpt: オーマイニュースの鈴木邦男コラムで「赤軍と民族派の友情」という記事を見つけまし
Weblog: 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
Tracked: 2006-09-23 16:33

便意問題
Excerpt: 以下は実話です。 とある商業ビル地下1階の男性トイレで小用を足していた私(喜八)。 いつもの習慣で3つ並んだ男性用小便器の右端を利用していました。 背後には個室が2つ。 ただし、どちらも「使用中」で..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-09-23 19:37

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。