石橋を叩いても渡らないかも?: 日本版オーマイニュース6日目

2006年09月01日

日本版オーマイニュース6日目

おととい書いた泣き言はもう忘れて、もう、いけしゃあしゃあとブログ書いてます。
以前取り上げたオーマイニュースがスタートして早一週間がこようとしています。毎日チェックしていて、気がついたことがありました。

スタート時のモタモタ振りは「想定内」ですが、登録制というハードルがあるにもかかわらず、辛辣なコメントがたくさん寄せられて、それはそれでわたしにとってはうれしいことでした(わたしは関係者でも、市民記者でもありません)。
なぜかというと、その厳しい批判のコメントのひとつひとつが裏を返していえば、待ち望んでいたニューメディアへの期待の表れでもあり、またそれを見事に裏切るスタートはご愛きょうだったのですが、オーマイニュース応援者のわたしでさえその批判コメントを読むたびに納得する点も多く、ひとり頷いてしまいました。

コメントをよせられた方々(登録者)の後ろに、大勢の無言の読者(賛同者かな?)がいます。叱咤激励の言葉は、これが既存のマスメディアだったらただ単に流されてしまうか、体よく拾われてもうまく自紙の賛辞の声として利用されてしまうだけでしょう。相互通信のニューメディアの良さを生かすためにも、編集に携わっている方たちは今後の紙面づくりで、読者みんなの期待に応えていかなくてはなりません。

具体的な紙面ならびにコメントを見たわたしの感想は、一部コメントでもあったように一般社会ニュースの配信は(配給が故に)、メジャーなメディアの後追いの感がいなめず、読者の立場でいえばそれらの情報は「Asahi.com」などニュースサイトを読めば済むことで、その辺のニュースの掘り下げかたとしてはオーマイニュース独自の見解やコメントが欲しいところです。。

もうひとつ気がついたことは、批判のコメントで以外と多かったのが掲載記事の傍観者的視点からの執筆姿勢に手厳しい批判が寄せられたことです。ネットとはいえ新聞という形式をとっていることが、ややもすると報道は中立であるという大儀名分の姿勢が既存のプレスとなんら変わりがなく、ひごろ欺瞞と沈黙のマスメディアに不信感を抱いている読者の厳しい反論の言葉となって返ってきたようです。

署名入り記事を掲載するリスクを考えれば、及び腰になる気持ちもわからなくもないのですが、あなたたちが創始者となって作り上げていくニューメディアです。寄せられた厳しい批判のコメントの中に、期待と不安と応援したい気持ちが複雑に入り交じっていることを感じとれましたか。たとえ心底から批判しているひとたちでもオーマイニュースが、何かを変えてくれるとわかったときには熱烈な支持者に変わるでしょう。いまは、ちょっとひねくれているだけなのです。

読んでいるわたしたちもしばらくは寛容になりましょう。まだハイハイの赤ちゃんなのですから。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 12:28 | Comment(1) | TrackBack(7) | ニューメディア
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
早速リンクさせていただきます。
http://ameblo.jp/newspapers/
Posted by 新聞批評です。 at 2006年09月03日 18:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タダのものに文句は言うマイニュース^^
Excerpt: 奇しくも私の誕生日と同じ日、8月28日に(笑)「オーマイニュース」という市民参加型のメディアが創刊されました^^ いい日を選んだね(笑)編集長は鳥越俊太郎さんだ。オーマイニュースとは?:最も自由な市民..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-09-02 15:15

続・コメント欄について
Excerpt: このごろはサワヤカな安倍晋三先生が「自民党総裁戦」への出馬を表明したためか、あるいは季節の変わり目のせいか、ほうぼうのブログ(および掲示板)に攻撃的コメンターがわらわらと湧き出しているようです..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-09-03 20:04

なぜユーロ高
Excerpt:  ユーロが円に対して高くなり続けている。それも01年以後、急激に上がり続けている。それに対して、ドルは円に対して03年と04年に急落したが、ほぼ120円前後で推移している。  実際の数字で見ると次のよ..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-09-03 20:53

計画されていた9・11――主要メディアに見られる200以上もの「決定的証拠」【永久保存版】(1)
Excerpt: 前便で書いたように8月31日のワールドフォーラムの会場で私は左の書籍を買ってきた(きくちゆみサイン入りだよ!ゆみさんは「平和省の創設」を提唱されて国際的に活躍されているが,現在「911のウソを暴く」と..
Weblog: エクソダス2005《脱米救国》国民運動
Tracked: 2006-09-04 03:45

反植民地体制レジスタンス
Excerpt: 謎の情報工作者「r」さんの「反植民地体制レジスタンス」に関する論考です。ご本人の承諾を得て以下に転載させていただきます。 なお「r」さんは実在の人物です。私(喜八)の「別ハン」だと誤解されて..
Weblog: 喜八ログ
Tracked: 2006-09-05 20:32

拝啓、安部晋三さん
Excerpt: 安倍晋三さん、私は国民を戦争の惨禍から守り抜くことが、政治家の最低限の役割だと
Weblog: 権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!
Tracked: 2006-09-05 21:05

誰のための「構造改革」だったのか
Excerpt:  小泉「構造改革」以後、庶民の生活は困窮し、「経済格差」が拡大した。ということは、誰のための「構造改革」であったのかを見る必要がある。  小泉−竹中ラインによって、「経済活性化」のための税制が、石弘..
Weblog: 関係性
Tracked: 2006-09-08 16:28

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。