石橋を叩いても渡らないかも?: 「武装解除」を読んで

2006年07月17日

「武装解除」を読んで

busoukaijo.gifきのう図書館で貸し出してもらったのは、11日の「お玉さん」のところの記事タイトルにひかれて、市立図書館にすぐ予約した「武装解除」(著者・伊勢崎賢治)がようやく貸出しから戻ってきて「入庫しました」と連絡があったので、受け取りにいった。

区の図書館は自宅から歩いても数分のところなのだが、平日は地下駐車場がガラガラなので通りがかりに寄らせてもらうことが多い。連休期間中は併設ホールで講習会やイベントがあるので、館の外まで駐車場空き待ちの自家用車であふれている。いったん自宅へ車を置いてチャリンコに乗って行ってきた。

ブログという新たなコミュニケーションツールが普及して、誰もが自分の意見をきたんなくアップできるのはすばらしいことなんだけれど、ややもすると発言することばが、知識の受け売りになっているのではないかと思うコメントや記事が目について老爺心(ろうばしん)ながら危ぐしている。

もちろん知識を得ることは大切だのだけど、これほど情報がちまたにあふれていると、受け売りのそのまた受け売り的議論だけで沸騰してしまうのは、現実から遊離した実のないことば遊びのゲームに成り下がってしまう。

だからと言う訳じゃないけれど、今回読ませてもらった「武装解除」は書かれていることばに重みを感じる。興味のない人にとって、この地味な本は退屈かもしれないが、著者の目を通して現実を再確認することを身につけることは、これは知識が単なる知識で終わらないための自分たちの課題でもあると思う。

「お玉さん」は謙虚だから、ご自身のブログ記事に書かれなかったけれど、この本のあとがきの最後の部分に「日本の平和貢献の将来は、女性が担う予感がする。」と書かれてあった。
同感である。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 15:42 | Comment(1) | TrackBack(3) | 社会
この記事へのコメント
何かと一部で評判の悪いらしい(^^;)お玉のところで紹介した本を取り上げて頂き、感謝です。m(_ _)m
こういう出会いがあるから、ブログって楽しいね。
伊勢崎さん、耳の痛いことも言ってるでしょ。過激なコトも発言してる、でも護憲派ってところにお玉は惚れました(*^_^*)
Posted by お玉おばさん at 2006年07月17日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

議題設定機能はネット発♪
Excerpt: マス・メディアが受け手である私たちに対して「何が争点なのか・問題なのか」というような認知において影響を与えるというものを設定するものに議題設定機能と呼ばれるものがある。 要するにメディ側が題材の権利..
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-07-17 16:18

感謝状を要請する日本・・・
Excerpt: 「陸自、友好の窓口」 サマワ市長が感謝状 イラク南部サマワで約2年半にわたって人道復興支援活動を続け、撤収作業を始めている陸上自衛隊派遣部隊などに対し、サマワ市長と市評議会..
Weblog: お玉おばさんでもわかる政治のお話
Tracked: 2006-07-17 21:31

My Policy  ??日本に戦争をさせないことが最大の願い&目標??
Excerpt:  このブログでは、憲法改正や日本の諸政策(安保、自衛隊問題や近隣諸国との問題 教育基本法などを含む)に関して記事を書くことが多くなると思う。  そして、私がそれらについて検討する時には、必ず一つの..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2006-07-17 22:12

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。