石橋を叩いても渡らないかも?: 今日の反省です

2006年07月02日

今日の反省です

わたしはいつも、思いつくままに書きますからあまり下調べとか下書きなどしません。アドリブで書き始めるのですが、書いてる途中で分からない内容や熟語が有ると、書くのを中断してそのとき初めて下調べするのですが、こんな非効率的なことをやっていますから、記事一本書き上げるのに、ずいぶん時間がかかります。

先日、わたしのブログを見てくださった方からコメントが届いてました。
コメント頂いた方は26日の富良野のラベンダー畑について書いた記事の感想を送って下さったのですが、じつは現地にいったのはわたしの友人で、彼の話とラジオのインタビューの内容とを合成し、わたしなりに光景を想像しながら書いたつもりだったのですが、コメント返ししたときにそのネタばらしをしたら、かなり驚かれていらっしゃいました。

なにか、騙したみたいで申し訳なく思ったのですが、本当に今まで仕事で全国を移動することはあっても、じっくり現地を見物することはなく、いつも印象に残っているのは泊まったホテルまでの移動中の景色ぐらいしかありません。今度いつか来たら、ゆっくり見物しようと思いつつも、まだどこも仕事を離れてゆっくり散策したことはないのです。

でも、忙しい仕事の方はみんな同じだと思います。「講釈師、観て来たような嘘をつき」

書いた内容に詐称も偽装も無いのでご容赦願います。

撮って来た原稿にキャプションや簡単なコメントを求められる場合もよくあったのですが、それも殆んどは社に帰ってからのデスクワークの範ちゅうなので、こういうのが世間のみなさんに誤解をまねく要因のひとつになっているのかも知れません。
大抵の場合はわたしの仕事ではなく編集スタッフが本文を書き上げるのですが、その扱いがどういう使われ方をされてもいいように、ひとつ被写体を何方向からも、条件を換えて撮影します。
忙しい時は、刷り上ったときにどのカットを使ったのか確認すらしないまま、次の仕事に入ることもしばしばです。

どなたかが言われてました。「何か、好きな道(趣味)があって、それを楽しんでいるうちはいいのだけど、もしそれを職業にしたら、それは最愛の恋人を働かせて食っているヒモのようなものだ」と。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 22:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
大変個人的なコメントを削除してくださったこと、ありがとうございました。そのご配慮に感謝致します。また遊びにこさせてくださいね!
Posted by Ume at 2006年07月05日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。