石橋を叩いても渡らないかも?: 光り輝くモノを求めて

2006年06月15日

光り輝くモノを求めて

最近、ブログ書いていても楽しくない。スタート時と比べたら、書く要領にも慣れてきたし、掲載回数も以前よりはずっと増えた。好意的に訪問してくださる方たちもいらっしゃるのに、何故か楽しくない。友人に言わせると、またわたしのワガママが始まったと笑う。居心地の良さはわたしにとって苦痛だ。

いつの日からか、読まれることを意識して書き始めた(ウケを気にしている、居心地の良さを求めている)、そういう自分が嫌だ。でも自分のブログのコメントに、反論じみたことを書かれたらショックだろうな。

自分が気づかない別の視点も知りたい。

関心があることと、好きなこととは違う。好きなブログもあるけれど、それは単に自分にとって居心地が良いだけ。自分の求めているものとは、たぶん違う。だからあえて自分と立場(意見)を異にするブログも覗いてみる。ああ、オレとは違うなあと思いながらときどき気になって、また覗いてみる。でもときたま、何十遍に一遍、いい文に遭遇する。ああ、いい視点してるなあ、ナットク!。でも、次の日からまた、意見を異にする記事が延々と続く。

もしかしたら、ブログを書いてるみんなも、その何十遍に一遍の光る(自分にとって)モノを見つける為に、書き続けているのかも知れない。

でも世の中に口の上手な人います。人の気持ちを掴むのが上手い人。そういう人が為政者だったり、宗教家だったら人々は不幸せです。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

暗黒時代から安国時代へ・・・
Excerpt: TBを頂くブログの中に晴耕雨読 という私にはちょっと難しいところも多いが読み応え十分の素晴らしいブログがあります。 何故かよくTBを頂き感謝しております。きっとどこかのブ??
Weblog: らんきーブログ
Tracked: 2006-06-15 18:08

最新のTOPページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。