石橋を叩いても渡らないかも?: ふと、おもうこと

2006年03月05日

ふと、おもうこと

最近、心に留める話題も無いので思うように筆が進まない今日この頃なのですが、それは平穏な日々が続いていると解釈してよいのでしょうか。

でも本当は毎日、センセーショナルな話題に私を含め
巷のブロガー連が街のレポーターよろしく、書きまくるこの様を 、ふと振り返ってみて「自分がやっていることは、日頃みんなが批判の標的にしてるマスコミやワイドショーのレポーターと同じことを自分たちもやっているのでは?」と、

社会批判がいつのまにか自己顕示にすり替っていないかと思ったりもします。

何の為の批判なのか、何の為の主張なのか、

筆が止まる時間があることは、そういう自分を改めて見つめ直す良い機会だと思います。

言いたいこと、書きたいことを自由に表現できるこの世の中に生きれたことを感謝します。

わたしのブログのサブタイトルにしている「こどもの視線」を忘れない為にも。




このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最新のTOPページへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。