石橋を叩いても渡らないかも?: 日本社会の二極化に歯止めがかからない

2006年02月27日

日本社会の二極化に歯止めがかからない

無貯蓄世帯て知ってますか。文字どおり貯蓄が無い、もしくはそれに等しい世帯のことをいうのですが、この割合が年々急増傾向にあると、関係調査機関からの発表です。

昨年春の段階では23パーセント台だったのが今年はや25パーセントに届こうとしています。4世帯のうち1世帯が無貯蓄ということになります。別の見解では、日本の一世帯あたりの平均貯蓄は、いまだゆうに一千万円を超えているという、個人金融資産も世界で第二位だという。

それも年々平均貯蓄(資産)は増加傾向にあるという発表もありますから一見矛盾しているようにも思えますが、実はこれにはカラクリがありまして超高額貯蓄世帯も一世帯として計算されますから、この少数派が全体の平均貯蓄額を押し上げているわけです。
つまり大多数の低貯蓄世帯に対し、極少数の超高額貯蓄世帯があるということです。皆さんはどちらに属しますか。

政府や行政はこの平均値の上昇のみ取り上げて来て、やれ景気は完全に回復した、国民は懐が豊かになったと叫びますが、それを実感できる人はどれだけいるでしょう。

典型的 無貯蓄世帯のゲゲゲのイチローがお伝えしました。



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

構造改革
Excerpt: いろいろといわれている改革ですが、どう思いますか?ご意見をどうぞ。外国での例も歓迎です。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-02-28 18:01

最新のTOPページへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。