石橋を叩いても渡らないかも?

2007年01月22日

そのまんま東氏、宮崎県知事選勝利を見て

言葉ではうまく言えないけれど、わたしは運命のようなもの。なんと表現したらよいのか、なにか人の力の及ばぬ天の力のようなものがあるのではと思っています。お断りしておきますが、わたしは特定の宗教や神道とは、一切かかわりはありません。

出だしからオカルトめいたあいさつになってしまいましたが、本題に入ります。

きょうは朝から自宅にいたので、ノンビリしていました。あいかわらずテレビは見ないので、きのうの宮崎県知事選の結果がそのまんま東氏に決まったことはネットの記事で知りました (それもJANJANのアップ記事で)。
それから、マスメディアの記事をひととおり閲覧したのですが、おおむね好意的な掲載が多かったように思います。うがった見方をすれば常に勝者になびくマスコミ体質とも言えますが。

それから午後になってそのまんま東氏勝利をテーマにしたブログ記事がぽつぽつとアップされて来ました。みなさん素直に勝利を喜んでいる様子がうかがえました。

わたし自身はたいした感動も無く、さりとて彼がお笑いタレントだったという偏見もありませんでしたから、当選した事実は別に不思議にも思いませんでしたが、ただ宮崎県民が何を基準にして彼を選んだのか、そのことが非常に興味ありました。

詳しいことはらんきーブログさんの記事を参照してください。(大幅な手抜き!)
まだ当選結果が発表された翌日では分析結果を早計に結論づけるにはいまひとつ不安が残りますが、四月に広島市長選挙を控えているわたしたち市民にとって、あのタレント顔負の元フリーアナウンサー、参議院議員、自民党タカ派の柏村武昭氏の出馬が控えています。

だから、そのまんま東氏の当選は分析結果次第によっては、わたしにとって新たな不安材料となるのです。

まず、彼(東氏)に投票した県民が彼のタレントとしての知名度にひかれたのか?(特に無党派層)、それとも彼の真摯な立候補決意が県民の心を揺り動かせたのか?非常に気になるところです。数少ない彼の立候補にあたっての情報では演説のうまさや、インターネット上に具体的なマニフェストの公開。宮崎県の課題についての勉強ぶり。

しがらみのない清廉さを強調し、旧知の芸能人仲間の応援もすべて断った事実。愚直なまでの草の根遊説。これらのどこを評価して一票を投じたのでしょうか。

これは本人の人間性を冷静に評価して投じられた結果なら、単なるわたしの取り越し苦労なのですが、淡い期待と目新しさだけで選ばれたのならば、それは浮動票が立候補者の真の姿を見抜けぬままに選んでしまう怖さも秘めていると思います。

今回のそのまんま東氏当選の結果は、別の機会に書こうと思っていた国民投票法案成立に向かっている与党の流れに危惧しているわたしにとって、早急に記事を書かなければと決意させました。早い時期に、そのことは掲載したいと思っております。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:52 | Comment(2) | TrackBack(8) | 政治

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。