石橋を叩いても渡らないかも?

2007年01月20日

なぜ書き続けるのか

個人的な日記ブログでスタートしたのに、いつのまにか政治ブログもどきになってしまいました。

政治ブログもどきと書いたのは、わたしのコンセプトは決して大仰な主義主張を訴えるのが目的では無く、マイブログのサブタイトルに掲げているとおり、「裸の王様」が家臣や民衆に見えもしない (まといもしない)晴れ着を褒めそやされ、それを眺めていた子どもたちが「王様は裸だ!」と叫ぶ。そのまっすぐな視線を貴方自身、失いかけていませんかという問いかけのブログとして書き始めたのです。

見えていることを「見える」。感じていることを「感じる」。
このあたりまえといえばあたりまえのことが、なぜか人は大人になっていくと口に出せない。いや、口に出せないのではなく、ほんとうに見えなくなっていたり、感じなくなっていたりするのです。

おかしいと思えば相手が与党だろうと野党だろうとに関係なく書きたいのです。疑問をぶつけたいのです。だから確固とした主義主張のあるブロガーのみなさんからみれば、立ち位置の定まらない野郎だと思いでしょうが、わたしからみれば身内だから、支持しているからとかということで口をつぐんでしまうことは決してあってはならないと思うのです。

そうでないと人を批判する記事を書く資格はないと思います。そうでないと結果的には、自分自身へのお返しとなって批判される側となんら変わらないことになってしまいます。たまたま書いた記事がどちらかに寄っているように見えてもわたしの場合、それは寄っているというよりは素直に感じたままを優先させたに過ぎません。

だから人にレッテル張りをすることも、されることも嫌です。良いと思う意見はどなたの意見でも受け入れ、間違っていると思えば批判もします。

以前から思っていたことなのですが、日本人の成熟度がいまでも低いと思われることの一つに自分の視点に基づいた自己主張がないことです。わがままとは違います。例え、自己主張だと本人が思っていても単なる他人の意見の借り物だったり、同じ色合いもの同士の横並びの姿勢をみていると、つくづく日本人だなと思うのです。

でも、この記事を読まれる方を想像し、言葉を選びながら書いているいまの自分に、わたし自身脱しきれないものを感じていることも事実です。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 23:07 | Comment(1) | TrackBack(4) | 日記

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。