石橋を叩いても渡らないかも?

2006年12月26日

(続)いま一番必要なもの

きのうは政治ブロガー批判に終始したのだけれど、これとて憎くて書いた訳ではない。

打倒安倍政権の集(ブログ記事)が、民主党さえ政権をとればと悲願にも近い気持ちで語られ盛り上がるムードに一抹の不安を感じるのだ。それは「あの岸まで泳ぎ着ければ」とか「あの山さえ超えれば」とかという先の見えない桃源郷を夢見ている姿にも見える。

そこまで極論ではないにしてもとりあえず、対立軸として政権をとれば今後どちらが政権をとっても、民意を無視した政策はとれないだろうと言う二大政党願望の現れかも知れない。それが、わたしにとってすごく安易に感じられ、あたかも見えぬ山の向こうに楽園が拡がっているかのような願望にも思える。

そもそも小泉さんが異常ともいえる多数の支持を取りつけて政権を維持し続けられたのも、長年の一党独裁の時代(厳密には連立ではあるが)終わりを告げるべく、「古い自民党をぶっこわす!」というアンチ自民の期待をみんなに抱かせたからだ。

小泉政権の残した結果は惨憺たるもので、これからの立て直しに引き継いだ政権にすべてが委ねられたわけだが、これとて現政権が具体的な成果を出していかない限り、国民に見捨てられる日がくるのはそう遠い日ではないと思われる。安倍政権がダメ振りを出し続けることがいちばん可能性のある政権交代の最短距離なのだ。

その日が来るのを手放しで喜べるか? いや手放しで喜ぶ前に受け皿となる野党共闘代表の民主党にその度量があるのか。最近、民主党の戦いに疑問を投げかけるブログ記事が目につき始めた。その迷いともとれる動向に疑問や不安を感じていると皆の意見は共通している。

だが現実は、その姿を見ているのは支持者ばかりではないのだ。これから政権奪還に必要な将来、支持者になるであろう人たちも見ているいるのだ。その辺の曖昧さをひこずったままで挑むこれからの戦いはどこまで支持を増やすことが出来るだろうか。小沢代表はこれからも野党共闘でいくことを唱えているが、それすらも共闘する他党から不信の声が上がり始めている。

野党共闘で戦いきって、たとえ敗れたとしても精一杯戦った結果であれば悔いは無い。だが主導をとる民主党が自らの不協和音や失態で自滅して負けるのは悔やんでも悔やみきれない。協力してくれる他党にも失礼だ。野党の立場とはいえ、そういう重要な位置におかれていることの自覚が民主党執行部にはあるのだろうか。

安倍さんが世襲が故にその甘さを批判されているが、その言葉をそっくり鳩山さんにお返ししたい。
いまは勝つことだけ考えて欲しい。モヤモヤと人の顔色ばかりうかがうような優柔不断なコメントや態度は旧来の自民党に愛想を尽かして小泉支持に回った人たちのいちばん嫌う政治姿勢だ。その潜在的に取り込めるであろう新たな票田となる人たちに、似たようなもの(旧来の自民と)だとか、わかりにくいだとか思われたときは、民主党の明日は無い。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 14:05 | Comment(11) | TrackBack(16) | 政治

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。