石橋を叩いても渡らないかも?

2006年10月31日

今世紀最悪の恥知らず男

きょうは頭にきているので日ごろの冷静さを失っています。
あの、広島の口先男(くちさきおとこ)の参議院議員柏村武昭が臆面もなく、来年春の広島市長選に出馬することを表明した。

kashimura.gif(彼の足跡)
当 時フリーランスのアナウンサーが世間で脚光を浴びだしたとき、地元中国放送(RCC)を辞めてフリーランスを目指したのはよいけれど、ドサ興行アナウン サーになり果てて、そのまま名古屋のほうで消え去ってしまうのかと思ったら、持ち前の饒舌と世渡り上手で地元広島テレビ(HTV)自主番組のニュースキャ スターに返り咲き、ちゃっかり収まってしまった。

そこまでは民間ベースのことなのでまだ許せるけれど、公共の電波を使い自分が市民の味方 だと広言してはばからない偽善ぶりが、純粋な視聴者の人気を集めた。ある日突然、世直しに参議院議員を目指すと言いだし、自分は市民の味方だから何党でも 無い、あえていうなら市民党だと大見得きって出馬し、多くの市民グループや無党派層の支持を得て初当選した。

それが当選して舌の根も乾かないうちにさっさと自民党(亀井派)に鞍替えしてしまった。大勢の裏切られた市民の憤りは、地元の人なら誰でも知っているが大変なものだった。
そ のとき彼は「亀井先生に一生ついていきます」と言い切ったのに、郵政民営化反対で亀井氏が自民党と袂を分かって出て行ったときにちゃっかり自民党に残り (伊吹派)、しかも郵政民営化反対票を投じたときの信念(ポーズ)はどこへやら、いつのまにか中川秀直(幹事長・森派)の腰巾着に収まっている。どこまで ズル賢い男か。

来年2月の広島市長選挙で、自民党県連は現職市長(社民推薦)に対抗できる人材が無く、中川秀直の強い要請もあって、県連 も彼を推薦する方向に意思統一し始めた。このコウモリ男は出馬することを即答せず、来年の参院選とどちらが自分にとって有利か思案し、今期限りで出馬を辞 退する可能性のある現市長の動向を読んで、もしそうなったら無風状態で当選できるという持ち前の打算で出馬表明をした。

参議院議員のとき の彼の傍若無人ぶりはみなさんもご存じのように、小泉政権のイラク自衛隊派遣を率先して支持し(むしろ亀井氏は自衛隊の海外派遣に反対の姿勢だった)、イ ラク人質救出事件でも人質になったボランティア活動の若者三人を国賊(反日分子)呼ばわりし、その他、放送界への政治介入ともとれる暴言(NHK介入発 言)をはいて物議をかもした。

こんなファシストもどきの男が平和都市広島の市長になる?冗談はやめてくれ!
あんたがどんなにきれいごと言っても、ひとつでも最後までなにか履行したことがあるか。
主義主張の違い以前に、人間として最低の男だよ、こちらにとっても、自民党にとっても。

(訂正)市民党→県民党だそうです。日ごろあまりテレビ見ないもので。ゴメンナサイ。

(追伸)トラックバック、及びコメント欄が原因不明で閉鎖されていました。気がついた時点で復旧に努め、無事回復しました。訪れてくださった方々に大変ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます。
2006-10-31  PM19:30


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 06:21 | Comment(2) | TrackBack(15) | 政治

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。