石橋を叩いても渡らないかも?

2006年10月25日

追い詰められていく教育現場

意図的に世論を誘導するマスコミも怖いけど、事実の側面しか見ない報道も視聴者に誤った印象を与えてしまう。ドラマでいえば勧善懲悪ドラマ。悪人を懲らしめて、めでたしめでたしというところか。

エキサイトしている世論の中で異をとなえる(伝える)ことは、極右ブログに反論コメントを送るよりも怖い。だから、同調もしないがただ伝えるだけ。やじ馬といっしょになって。いや、やじ馬の先頭に立って。いつのころからか、マスコミはそんな烏合の衆に成り下がった。

印象に残っているのは三浦和義逮捕報道、豊田商事取材報道(結果的には殺人現場取材報道になってしまった)。目の前で、華々しく始まるであろうドラマをカメラはじっと待っている。そんなスタイルが恒常化し、きょうもどこかでドラマは始まる。血が騒ぐ。緊張と怒号の中で他者を押し退け、1ミリでも前に出ようと烏合はひしめき合う。ていうところがわたし自身体感した感想です。(上の事件は関係ありませんよ)


福岡県の児童いじめ苦自殺事件。いまや世論は当時の担当教師と学校の袋だたきの真っ最中です。もちろんマスコミもその尻馬に乗って。いや、マスコミが先頭を走っているのかな。事実を事実として伝えることに何の疑問もないし、亡くなられた子どもさんのご両親の悲しみを考えれば、それははかりしれないものがあるでしょう。

二転三転する学校側の発表報道に世論はエキサイトする。大きな傷跡を残しながら。でも、ちょっと冷静になって今回のことを受け止めましょう。その判断に過激なマスコミは無用です。いま、いちばん必要なことは、起こした当事者探しよりも、そこに流れる根深い教育現場の歪みではないでしょうか。

わたしは仕事の関係で十年余、部外者の立場で教育現場に関わってきました。世間でいうダメ教師のいることも事実です。でも非難が教師一点に集中することをとても危惧するのです。木を見て森を見ず。いま教育現場は勇気ある心暖かい教師の育たない環境になっています。求められるのは、ゆとりある教育ではなくてゆとりある教師です。時間的にも精神的にも。

いまや、管理されているのは子どもたちではなくて、管理するべき立場の教師が管理されているのです。以前にも書きましたが部外者の目からみれば、いっけん穏やかな教育現場も管理、管理、管理・・・。本当に志ある意欲的な教師が育たない場と化しています。マニュアルに始まってマニュアルに終わる。教師自身の独創性と創意は発揮される機会を失っています。なぜ情けない教師が増えているのか、なぜそのような教師が今ごろになって取りざたされるのか、みなさんはもう一度、自分のこととして教育現場のあり方を考えてみる必要があると思います。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(5) | 教育

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。