石橋を叩いても渡らないかも?

2006年10月10日

北朝鮮核実験の報道について

kakujikkenn.gif北朝鮮核実験一報で連休がブッ飛んでしまった感がありますが、ミサイル発射騒ぎのとき同様、大騒ぎしているのはお調子モノのマスコミだけで、脅威だと煽り立てることによって日ごろ国民世論をどちらかに誘導したい人たちにとっては、まさに棚ボタです。

アジア周辺諸国にすれば、これを契機に日本が専守防衛の拡大解釈に走るほうがもっと脅威です。すぐとは言いませんが潜在的核保有国の日本なら原発用の核を軍備に転用することなんか簡単です。○菱重工あたりは密かにそうなることを期待しているかも知れません。

ほんとうに北朝鮮が核実験を行ったとすれば(わたしは、まだ半信半疑なのですが放射能調査結果の公式発表を待つばかりです。地震は別のやりかたでも起こせますから)それは決して喜ばしいことではありません。でも国際社会の側からみれば、一部大国とそれに追従する同盟国だけが騒いでいるのではないのでしょうか。

国連で北朝鮮非難決議が採択されましたが、これとて人道的な見地ですべての国々の賛成を得られるでしょうが、内心は事が大国どうしの論理によって進められていく現状を、こころ良く思っていない国連加盟国は多いはずです。

号外が出た広島市内でも、被爆体験者の方々に街頭インタビューがありました。その中のお一人(男性)が、実験の報道を悲しく受け止めていらっしゃいましたが、その言葉の終わりに北朝鮮の核実験を非難する声明が核保有大国側から出ている不自然さを見事に突いていらっしゃいました。

ローカルニュースでは流れましたが、全国ニュースではこの方のインタビュー部分はカットされていました。客観的被爆者の言葉より、いまは北朝鮮非難一本にまとめ上げようとする意図が感じられます。

常日ごろ、さまざまな報道がなされていますが、一つ事ですべてを論ずることは危険です。報道する側からすれば、現象をピックアップし、その中から最もエキサイティングな部分をつなぎ合わせて所定時間に納めます。彼らはそれを使命と思っていますjから。

だが切り捨てられた未使用の部分もすべてなのです。みなさんもニュースというものを受け止められるときに見える映像からその背後の見えない部分まで想像を拡げて関心を持ってください。
それは容易ではないことも事実ですが。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(21) | マスメディア

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。