石橋を叩いても渡らないかも?

2006年06月05日

村上世彰氏逮捕

ハッキリ言って株のことはよく分からない。ライブドアや楽天の企業買収が世間を賑わせている時に、常に見え隠れしていたのが、このmurakami.jpg村上ファンドだ。彼らの動向はニュースの主役達よりも一般投資家にとって気になる存在だった。

M&Aが日本に存在することを一般人に認識させたが、その馴染めない行動に素人のわたしでも、なぜか胡散臭さを感じていた。所詮お金持ち相手のマネーゲームで食っている連中のことなど遠い存在だったが、阪神買収劇のころから様子がおかしくなってきた。

東京地検が執拗に彼らの足跡を追求し、遂に追い詰めた。彼の優秀な経歴に不可能の文字は無かった筈なのに、少しづつ軌道がずれ始めた。エリートは頭の中の理論は完璧でも現実の世界のアクシデントにはいたってひ弱い。弾力性がないのだ。

悪党相手の商売の官憲にとって、彼らはヤクザを落とすより易しい。

今朝の東証での記者団を集めての発表には、彼一流の饒舌が最後まで続いたが、それは聞くものにとって、失笑に値するとしか言いようのない惨めな弁明の羅列でしかなかった。

夕方に「逮捕」の速報が流れた。

国の為政者も努力する者が報われる社会の実現をと、次期総裁を意識してキレイゴトをノタマワッテいるが、そういう意味でもアダバナ的ファンド野郎は、国政にとって邪魔だったのかもしれない。

「人生に必要なものは、勇気と想像力と、そしてほんの少しのお金」(映画ライムライトより)



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(43) | 社会

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。