石橋を叩いても渡らないかも?

2006年05月29日

両刃の剣

takajin.gifもう半年近くテレビを見ていないのだけれど(半年前に数回見ただけ)、自分でもメディアリテラシーのことを取り上げるようになって、いろいろ人のブログも読んだりして、まじめに取り組んでいくうちに、どうも槍玉に挙がっているのはメディアの中でもテレビのことらしいと気がついた。

日ごろテレビを見ないわたしが、現状を知らないで記事を書くのもおかしいので、みんながよく話題にしている番組から見てみようと番組欄を見てたらよみうりテレビの「たかじんのそこまで言って委員会」っていうのがちょうど30分後にあるので、チャンネルを替えて初めて見たのだけれど、以前見てた(今は見ていない)「たけしのテレビタックル」の関西版みたいで期待ハズレだった。

やしきたかじんのキャラはよく知っているから、もっと鋭いツッコミがあるのかと思っていたし、OFF関東エリアの利点を活かしているかなと思ったけれど、しっかりハサミ(編集)が入って当り障りのない番組になっており、これがマスメディアの限界かなと思ったりもした。
サンケイ新聞に脱税ヨバワリされた橋下弁護士も出ていて、何か言ってたけれど、あの人の場合はそれも有名税だし、そのことについて反論の場も与えてもらえるからいいけれど、これが一般人だと世間の制裁にあったりして、単なる誤報で済まされなくなるので悲惨である。


わたしが駆け出しの頃、局の留守番をやってたら、ある一市民の方が前日の誤報記事の訂正を求めて来られたことがあった。お伺いしたら、掲載された各紙すべてを抗議に回られたとの事だったが、いづれも門前払い同様だったという。わたしはどうしてよいのか解らず、上司に伝えて後日返答するという事でお帰り願ったのだが、結果的にはそのままだった(上司に放っておけと言われた)。ご商売されている方だったので、取引先からの問い合わせや抗議の電話で大変な状態だといわれており、気の毒に思ったがどうしようもなかった。(いまなら市民意識が高いから状況は違うと思うが)

マスコミはペンを剣にして権力と闘うものだが、矛先があらぬ方向に向かってもそれを認めようとしないのは、今も昔も変らない。



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 16:36 | Comment(1) | TrackBack(1) | マスメディア

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。