石橋を叩いても渡らないかも?

2006年05月07日

ゴールデンウィーク様様(さまざま)

iwakuni-kichi.gifゴールデンウィークも今日で終わりということで、全国の幹線道路はユーターンの車で大渋滞とのことだ。
映画監督大林宣彦さんの故郷への絶縁宣言で話題になった尾道の「戦艦大和のロケセット」会場は、公開が今日までということもあって、監督の思いとは裏腹に最後に一目見ようという観光客でこれまで以上に盛況とのこと。

大林監督がここまで地元尾道市とこじれてしまった経緯は、すでに色々な方々のブログでも紹介されているとおりであるが、おなじ映像に携わってきた者の端くれとして監督の気持ちは痛いほどよく分かる。それが物創りの職人のこだわりであり、プライドなのだ。
現代のメルヘンを創り続けてきた監督にとって、他人の作品のロケセットとはいえ、舞台裏を見せる(見世物にする)ことは忍びなかったのかも知れない。

でも大林さん、みんな喜んでいるじゃないですか。映画はこうやって創られるのだという素朴な発見と感動。そしてカッコイイ戦艦大和。(ハリボテだけど)
セコい市の観光課の思惑だろうが、反戦市民団体の抗議だろうが、そんなことは全てオリコミ済みで、もっとおおらかに受け止めて貰えないのかな。だって見にきている人たちはみんな戦争なんかキライだろうし、このことで尾道のイメージや監督の作品にキズがつくとは思えない。普段はおせじにも賑わっているとは言えない、ひなびた瀬戸内の小都市に久し振りの活気は、素直に喜んであげてもいいんじゃないかと思う。

おなじゴールデンウィーク5日子供の日、岩国では米軍基地の、年に一度の市民のための基地開放日である。先日基地再編増強化に圧倒的多数の反対票を投じたのに、なぜか市民や観光客がその日を楽しみに25万人も訪れたという。(カッコイイ戦闘機の前で家族連れが記念写真撮ってました)


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(社会)

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。