石橋を叩いても渡らないかも?

2006年03月30日

ノーモア田舎行政byヒロシマ 続編

今日も全国のみなさんにとってどうでもいいローカルネタでいきます。

hiroshimakyujou.gif広島東洋カープの本拠地でもある広島市市民球場の移転・新設にたいする選考委員会の最終報告書が広島市長に提出されました。

新球場建設のコンペでは先の防衛施設庁発注談合事件のかかわりで参加4社のうち3社が失格するという異例のコンペになりましたが、とりあえずは竹中工務店だけは残れましたのでそのプラン内容の検討を急がれていました

新球場予定地にふさわしい場所が他に無かったという見切り発車ともいえる球場建設計画ですが、その周辺を生活圏とする市民にとっての関心は球場が出来ることの恩恵より,リーグ戦(主にナイター)期間中による交通渋滞問題の対策はちやんと計画に盛り込まれているかどうかで、それははなはだ疑問です。

広島の新しい施設計画が実行されるたびに繰り返されるのは、その器づくりばかり専念して周囲の市民生活に及ぼす負の部分がいつもなおざりになってきたことです。

古くはアジア大会にあたっての輸送手段としてつくられた無用の長物ともいえる不便なモノレール。アクセスが確保出来ないままでスタートし現在に至っている広島新空港など。
あげればきりが無いのですが、今回は事態はもっと深刻です。それは新球場予定地は広島駅のすぐそばにあって、唯でさえ朝夕のラッシュ時は大渋滞になるのに球場に観戦にくる自家用車や貸切バスの数量を考えると想像しただけで頭が痛くなります。(最下位が万年定着しつつある広島東洋カープの寂しい観客動員数をもとにシュミレーションしたのなら、それは皮肉か〜と怒りたくなります。)

いつも結果オーライの地方行政の一端でありますが、あとから駄目だったということが無いように球場建設を含む市民生活の影響をもっと総合的に判断するべきではないでしょうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ローカル(行政)

2006年03月27日

わずか10度の変更に夢を託す。

沖縄普天間基地の滑走路移設について政府(防衛庁)と名護市による最終ともいえるすり合わせ調整に入った。

okinawa-futennma.gif防衛庁は新滑走路への離発着角度を10度変更することで住民への影響を極小化するという案を提示した。名護市側はそのコース変更によって新たな危険と公害を受ける地区が発生することを避けるためにも沖合い400メートルの位置まで滑走路そのものを移動するべきだと主張している。

できることなら名護市の要望がとおって欲しい。

この記事タイトル「わずか10度の変更に夢を託す」とつけたが不完全な妥結に終わっても夢は捨てないでという願いでつけた。

半世紀以上に渡って理不尽な扱い(基地問題で)を受けてきた沖縄県民の心情を思うと、我々内地の日本人だけが影の部分を沖縄に残したまま、今日(こんにち)の繁栄を授かったことをかえりみれば、いつも申し訳ないという思いが今でもわたしの心の奥底にある。

わたし個人の思いは、沖縄県民が望むならば何兆円出しても米軍基地グアム移転もやぶさかではないが、理想に近づくための現実の一歩として今回は合意が得られることを切に願う。

右とか左とかイデオロギーにこだわる人たちよりも、わたしにとって「オキナワのひとたち」の今日の幸せのほうが大切だから。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | ローカル(行政)

2006年03月26日

民間出身の府立高校校長辞任の記事を見て

大阪府立高校校長辞任というブログ記事が目に止まって中身を拝見しましたが、民間活力導入というお上の掛け声のもとにはじまった始まった制度も、既存の世界を壊されたくない教職員との壁の厚さにこういう結果になったことは非常に残念です。

わが広島県も尾道市立小学校校長が自殺に追い込まれたという苦々しい過去があります。わたし個人の思いとしては、そこまでいかないまでも府立高校の校長先生がお辞めになったのは苦渋の選択だったことと思いご同情します。

前回書きましたように学校と言う聖域は部外者にとって特殊な場であることは長年現場を見てきたわたしにとってあらためて述べるまでもありません。

唯、言えることは彼らの大半はその現状に疑問を持たない、外圧や世間の批判に直接さらされないことが自分たちの置かれている立場を自覚しないままきているというのが現状ではないでしょうか

トップを民間人にというお上の試みは大阪府立や尾道市立の場合は実を結びませんでしたが、全国で今なお在職されている民間からの校長先生(約100名弱)はどの様な現状なのでしょうか。

今回の場合が特異なケースであることを、ただ祈るばかりです。

父兄の公立校離れ志向に拍車がかかっている昨今ではありますが、それが出来るのも一部の富裕層や都市部に生活できる人たちのみです。
全国の地方に住む庶民にとってその選択肢すらありません。

これからの子供たちの、いや日本の未来が教育界にかかっています。
自分たちの責務がなんであるか大人たちに問われているのではないでしょうか。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 教育

2006年03月23日

卒業式

三月は、卒業のシーズンである。

以前のわたしの仕事は広い意味で学校関係も営業エリア(主に小、中学校)であったので、業者の立場で年間を通してお付き合いをしていた。

sotugyoushiki.gif学校にとって卒業式は大切なイベントであり最終の仕上げでもあるから、その日に向かって先生方と生徒はリハーサルに余念がない。
本番当日、日々の練習のかいあって式は静々と進み、列席した父母は我が子の成長した姿に目にハンカチをあてる。
伝統的な日本の卒業式である。

部外者のわたしにとってそれは毎年繰り返される光景であり、失礼ながら何の感情の起伏もない。(毎週末、街のあちこちで行われる結婚式にたずさわる式場の業者や、葬儀場の業者と同じ感覚である。)
褪めたわたしの視点で十年余り見つづけてきた。与えられた事は一言一句間違わずに、足の運び方まで決められた所作で完璧にやりとげるというこの進行はわたしにとっていつも不思議な状景であった。

なにか違う。

教えられたことを完璧に反復し、答える教育。
基礎の大切さはわかるけれど、それらのマニュアルから外れるれることを微塵も許さない雰囲気。
あらかじめ用意され、練習に練習を積んだ送辞と答辞の言葉。
子供たちの創意と主張がみえない。
しょせん大人たちによって与えられたシナリオ。

今教育はある意味でいろんな問題を抱え岐路に立たされている。
本当の子供たちの声が訊きたい。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 06:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育

2006年03月16日

意地悪ジイさんになるのが夢

毎日といっていい程、目にするのは、ドコソコでウィニーによって顧客リストが外部に流れ出た。お役所の保管資料が自宅に持って帰って、残業している私物のパソコンがらウィニーによって流失してしまった。

いやはや、個人情報保護法実施後につぎからつぎへと浮かび上がってきた新たな社会問題だが、逆に考えてみれば、これまでは世間に知られないままドンドン流れていたということになるからゾっとする。

故意に流した人なんて皆無だろうから、ネット時代進行を叫ぶ関連企業も行政も素早い対応を迫られているが、思ったより反応が鈍いのは無知なのか、それとも他人事なのか。

街で様々な年齢、および職業(専業主婦を含む)の女性達に個人的にアンケートを取ってみると、(ITを活用していない、活用しようと思わない)と言う人たちの理由に機械オンチだからという答に続いて、圧倒的に多かったのはネットは怖いからという答だった。

ビジネス社会では、もはや切り離すことの出来ないIT環境ではあるが、これから対象になっていくであろう非IT層(高齢者、中年女性、それも総人口に対してウェートが高い)の存在を考えるともっと具体的な対策が望まれる。

またいつもの例え話になってしまうけど、家電業界(わたしの知っている白モノ家電全盛の時代)によく言われていたのは、女子供、年寄りでも扱えるような機能まで進化(当時の電化製品)すれば’、黙っていても飛ぶように売れる!普及する。というのが業界の常識だった。

小さな政府を実現するための行政改革、その為には絶対に必要になってくる電子政府、電子行政。

アンチIT世代が死ぬのを待つよりも、分かりやすくて使いやすい安全なIT環境を整備するのが先だ。
(その世代はいつまでも長生きするぞ!「○○○、世に憚る」。わたしもその一人ですが。)




このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 11:04 | Comment(1) | TrackBack(8) | 社会

2006年03月14日

「岩国」米空軍移設問題に市、住民投票。

一昨日の住民投票の結果は誰もが想像してたとおり、圧倒的多数で反対票が多かった。
(そんなことあたりまえ。日頃、軍用機の爆音が超ウルサいことを体験している市民に賛否を問えば当然のこたえ。)

iwakuni.gif一部、商工会や関連議員の反発(賛成派)はあったけれど、これとて責める気にもならない。
地方都市の経済は衰退している。
二昔まえならテイジン、三井東圧など街を潤わす基幹産業もあったが、それも遠い過去のハナシ。
迷惑料としての見返りにお上にシャブらせてもらえるアメが目当てなのも無理ないかも。
首都圏と地方との経済格差は想像以上に深刻なのだ。


「ギブミーチョコレート」の時代を知っている私
反戦反米モードの時代に街の映画館で観た白黒画面に映し出されたアメリカさんはみんなお金持ち。
占領されている惨めさとは裏腹に彼等が落としていくドルは、貧しい日本人とって魅力的。
それも1975年頃までのこと。
ベトナム戦争終結とともに海外駐留米軍の駐留経費の削減、為替の変動でドル安。お金持ちのアメリカさん(兵)は、ただのガイジンさんになってしまった。

こうなっちゃうとタダのお荷物。
そして今回は厚木が岩国になっただけのこと。

「新しいゴミ処理場建設の用地難航!」て言うのとよく似ている。

総理を辞めていくコイズミさんにとってはどうでもいいことだろうけれど、後を引き継ぐと予想される安倍官房長官は地元山口県(選挙区は違うが)のことなので、ひとこと言葉を間違うと、とんでもないことになるかもね(何があってもおかしくない時代なのだから!)。



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(3) | ローカル(行政)

2006年03月11日

ライブドア考

今日のashahi.comのニュース特集に「逮捕後もライブドアHP盛況・・・」と出ていたのでのぞいて見た。

お騒がせホリエモンなき後(死んではいないが)ライブドアは世間から見放されていくと、大方のマスコミがヨってタカって死人の足を引っ張るがごとくライブドアにとってマイナス情報を垂れ流しているにもかかわらず、人気は落ちない。

こんなところで挽回しちゃって立ち直ってくれたら、判官びいきのわたしとしては痛快でうれしい。

王様がハダカであろうとなかろうと一般庶民は関係ない。
もともと着てもいない晴れ着を誉めそやして無知な大衆とバカな王様を天狗にさせたのは誰だ。

権威とか権力とか、これまでそれだけで大衆を誘導していった為政者や幇間にとっては先の読めない難しい時代である。

なぜか黒澤明(監督)の「七人の侍」のラストシーンを思い出した。




このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2006年03月10日

3月10日現在

独断と偏見を伴った、わたしの私的ブログといえどもある程度の下調べ、つまりウラはとる。

情報丸呑みでろくに反芻もしないまま口から出すことは、街のゴシップ好きの暇なオヤジ連中の仲間入り確実だ。(どこやらの議員さんはそれで議員生命も風前のトモシビですが)


ある原稿のウラをとるためネット検索していたら、参考になるサイトに何件もたどり着いたのに、何故かいずれも途中で筆を折っている。

その廃墟の跡に先人が書き残した資料を、まるで古墳を発掘する歴史学者ような気持ちで「このひとは書き始めた動機はなんだったのだろうか、いまはどうしているのだろうか」と、古代人(サイトの執筆者)を想像する。

ときとして未来への光明を見つけ出すために深く潜り込んだWEBが、ますます深海のごとく暗さを増してそれがやるせなくまた後悔に苛まれる。

真実を知るよりもネットの波打ち際でチャラチャラとサーフィンしているほうが楽しい現実なのかも。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニューメディア

次世代の未来にもっと大人は責任を持て

先日の経団連奥田会長の発言に「残虐ゲームソフト」がニートをつくる一因になっていると述べられていたが、それはニートの問題というよりは日本全体の、それも次世代すべてに通じる問題であるこだと大人たちは深刻に受け止めなければならない。

わたしは「残虐ゲームソフト」という部分的な現象うんぬんという議論以前に、未来に向かう子供たちに責任を持たなかったわたし達大人の今現在のあり方のほうが議論されるべきことだとおもう。

子供という鏡をとおして己の醜さが今、写し出されていることを大人たちは自覚するべきだ。

それらは具体的に挙げると決して目新しいことではなく、いままでも問題視されてきた家庭での情操、学校での教育、社会での倫理等々、けがれない子供たちに大人たちが示すべき道筋を怠ったツケがまわってきただけのことだ。

今も書いているそばでテレビに「横浜の土のう投下容疑で私立高1、別件で4人逮捕」「東京世田谷マンション自宅放火で中2の長男逮捕」とニュースが流れている。
生まれながらに悪魔の子はいない。子供たちをこのようにしてしまったのは、また追い詰めてしまったのはだれなのだ。

起きてしまった事の芽をつんでいくよりも、それらが発症しない土壌にかえていこうという大人たちの反省がない限り日本の未来はない。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2006年03月09日

今日も渋滞

仕事での移動には車を使っているが、最近の道路工事は年度末の実績調整工事というより、年から年中、工事だらけのような気がする。

それでもよく見てみると、それは電気工事であったり、水道工事であったり、直接道路にかかわる工事ばかりではないから、街の中は本来の道路工事とも重複してまさに街中工事だらけの印象を受ける。

それぞれの仕事に従事している人たちにとって、それは生活の糧であるからとやかく言う気にはならないが、こういう形でしか雇用対策に繋がらないのかとおもうと、つくづく日本は土木立国だと思う。

そういう業界にうといわたしには、車窓の外のそれらの工事をみていると、何でこんなに渋滞まで引き起こしてやらなければならないのか理解に苦しむ公共工事もままみかける。

おそらく工費としては低く抑えられたものなのであろうが、必要を感じられない工事によって、車道は渋滞を引き起こし、歩行者は通れない歩道を避けてわずかばかりの仮りの通行帯をガードマンに誘導されながらおっかなびっくり通り抜けている。

みんなが我慢し、耐えていかなければならない痛み分けの日本経済だとはおもうけれどこんな、その場しのぎ的公共工事しか雇用対策をとれない行政の創造力の無さをつくづく嘆く。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2006年03月08日

日本人

二日続きのアメリカがらみのネタですが、それだけ世界経済にとって(特に日本は)、無視できない存在だからでしょう。

アメリカ巨大自動車メーカー、ビッグ3が苦戦を強いられているというニュースは、以前からクルマに関心を持っていたわたしにとって、大きな衝撃でした。

古い話ですが、昭和39年日本の高度成長とともに成長を続けた国内自動車産業は、来るべき時がきたというか、9月「自動車自由化」という目前の大津波に戦々恐々とし、国際競争に何社生き残れるかとマスコミ報道が紙面を連日のように飾ったのを思い出しました。

それまでは国内産業保護のため、高い関税と為替で守られていたのですが、ある意味では国際社会の一員としての承認と引き換えのデビューでもあったわけです。

当時の国産車の性能や価格は欧米車と比べても到底太刀打ちできるものではありませんでした。

でもそれから幾多の苦難を乗り切り、高度成長やオイルショックという神風にも助けられて、飛躍的な伸びで、いまや国際的に押しも押されぬ重要な基幹産業にまで成長しました。

これは自動車産業に限ったことではなく、日本の企業はすべてといってもいいくらい、国際競争の荒波を乗り越え今日の地位を獲得したのです。

若いブロガーの皆さんは、日本の企業が最初から今のレベルで地位を確保していたと思われているかもしれませんが、当時は今の中国に似ていて、「安かろう悪かろうの日本製品」「なんでも物まねの日本製品」と海外から叩かれていたのです。想像ができますか。

ときとして自虐的ともとれる日本人の反省と試行錯誤、苦難にも負けない強い意志と行動力、今ぬれ落ち葉と化しているオヤジやその先輩たちは、昔はみんな、自分が「日本」をしょって立つ企業戦士だったのです。

飽食の時代に生まれ育ったみなさんは新たな苦難を背負っていますが、それを乗り越えていく力があります。

それが日本人です。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会

2006年03月07日

米国産牛肉輸入問題を身近に感じて

先日深夜、スーパーマーケットへひとりで買い物にいった。
最近はコンビニに負けないよう24時間営業の店が増え、わたしのような不規則勤務な労働者にとっていつでも買い物ができるのはとても助かる。

食肉売り場に立って、牛肉の高騰振りに驚かされた。その影響は他の豚肉や鶏肉にも反映されていると思われるが、それにしても安全を買うということは高くつくものだと思った。

アメリカのBSE輸入牛肉問題が解決しない限り、庶民にとって牛肉は高嶺の花だ。

わたしはこの問題が起こったとき、ある意味ではアメリカの畜産業者に同情というか、やむおえぬと思う気持ちがすぐに頭のどこかに浮かんだ。

それは農業が大量生産大量消費で成り立ってるアメリカにとって一頭一頭の牛の履歴や、検査は不可能と思われるからだ。

それはお米が主食の日本農業で米粒一粒一粒を検査しろというのに等しい。

全米で1億頭以上いるといわれている食肉牛、毎年食肉加工されるものだけで3500万頭にのぼる。その中で輸出に回されるものは10パーセント弱ではあるが、その輸出肉の4分の1が日本向けということもあって関係業者にとっては放置できない課題だ。

唯、懸念されることはアメリカの外圧による政治決着だけは避けたいものだがOIE(国際獣疫事務局)の輸入承認物品の改正(5月)という国際基準の変更をもってゴリ押ししてくる可能性大である。

あちらが立てばこちらが立たず。

庶民はだまされても危険を承知で、行く末を飲み込まなくてはならないのか。

ブロガー連の厳しい監視の眼を期待したい。

このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会

2006年03月05日

ふと、おもうこと

最近、心に留める話題も無いので思うように筆が進まない今日この頃なのですが、それは平穏な日々が続いていると解釈してよいのでしょうか。

でも本当は毎日、センセーショナルな話題に私を含め
巷のブロガー連が街のレポーターよろしく、書きまくるこの様を 、ふと振り返ってみて「自分がやっていることは、日頃みんなが批判の標的にしてるマスコミやワイドショーのレポーターと同じことを自分たちもやっているのでは?」と、

社会批判がいつのまにか自己顕示にすり替っていないかと思ったりもします。

何の為の批判なのか、何の為の主張なのか、

筆が止まる時間があることは、そういう自分を改めて見つめ直す良い機会だと思います。

言いたいこと、書きたいことを自由に表現できるこの世の中に生きれたことを感謝します。

わたしのブログのサブタイトルにしている「こどもの視線」を忘れない為にも。


このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。