石橋を叩いても渡らないかも?

2006年02月24日

堀江メール騒動に一言

国民の関心がトリノにそれて為政者にとって一息つける時期に、性懲りもなく民主党(永田寿康)議員のドジ。
まあ、若さゆえの勇み足だけれどその真偽なんか、この際どうでもよいといったら怒られるかも知れないけれど。

例えは適切で無いかも知れないけれど、一般企業で不祥事、不始末避けて通れないときにどう対処できるかでその企業が本当の一流企業かどうか真価が発揮される。

日常業務は一流らしく振舞えるのに、トラブルなんかで舞い上がって地金を露呈しちゃう企業があるのも事実。

この度の堀江メール騒動は、まさに自民、民主両党の事後処理のレベルの差が際立って、観ている観客(私)としては失笑物だった。
判官ビイキのわたしとって、見事に期待を裏切ってくれた民主党の執行部でした。

自民与党にすれば向こうから勝手にこけてくれた、おもわぬ勝ち白星。

まだまだ横綱同士の相撲じゃないね。


また民間ばなしになっちゃうけど、お客様(国民)にとって売り手(政党)の都合なんか、どうでも良いことで、お客にとって何が一番喜ばれることか、何が良いことかが購買先の選択基準になる。こんなことは一般世間ではジョーシキ。

次回の国政選挙で消費者(国民)はちゃんとお店(政党)選びをしますから、政治家の皆さんがんばって、お勉強してくださいね。



このページの一番上の記事へ戻ります

posted by ゲゲゲのイチロー at 17:48 | Comment(2) | TrackBack(3) | 政治

最新のTOPページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。